トリプトファン

トリプトファンとは

トリプトファンは必須アミノ酸の一種です。必須アミノ酸とは、人体が生成できないために食事などを通して外から摂取する必要のあるアミノ酸です。トリプトファンはシジミ100gあたり75mg含まれています。少ないように感じるかもしれませんが、トリプトファンは他の必須アミノ酸と比較して摂取目安自体が少ないのです。
シジミは必須アミノ酸をバランス良く含んでいます。シジミのアミノ酸スコア(アミノ酸のバランスを示すもの)のスコアは100(最高)です。
タンパク質を構成する必須アミノ酸は全てをバランス良く摂取することによって初めて機能します。トリプトファンの効果が欲しいためにトリプトファンだけを多く含む食品などを摂っても、他の必須アミノ酸が不足していれば意味がありません。

トリプトファンは体重1kgに対して2mgが一日の目安量です。
体重が50kgの人は
50×2
=100mg(0.1g)
が一日の目安量になります。

トリプトファンの効果

トリプトファンはセロトニンの原料です。
セロトニンは癒しのホルモンで、自律神経の乱れを改善します。自律神経とは無意識化で心身の調節を行っている神経です。
自律神経は交感神経と副交感神経があり、ストレスを感じる・緊張・興奮したときなどに働く神経です。副交感神経はリラックスのときに働く神経です。
どちらかが働いているときは、もう一方は働きません。
現代のストレス社会では交感神経が働きすぎていて、副交感神経がうまく働かなくなったり、過度に交感神経が働いたりしてしまう人がいます。この症状が健全な社会生活を送れなくなるまで深刻化すると自律神経失調症ということになります。
自律神経失調症までいかなくても、ストレスで交感神経が働きすぎて中々眠りにつけないという人は多いです。セロトニンは自律神経を整えることによって、自律神経の乱れから来る不眠などの症状を改善します。

そしてセロトニンはメラトニンの原料でもあります。
メラトニンは睡眠ホルモンと呼ばれていて、睡眠と覚醒を司っています。
したがってセロトニン自体が自律神経の乱れを改善して眠りやすくする効果と、セロトニンが変化したメラトニンが良質な睡眠を導くという二つの側面で睡眠の質を高めます。
またセロトニンは体内の活性酵素を減らす効果があります。活性酵素とは老化の原因物質なので、トリプトファンをしっかり摂ることはアンチエイジングにつながります。

またトリプトファンはセロトニンだけでなく他のドーパミンやノルアドレナリンなどの神経物質の原料となります。
神経物質によって集中力や記憶力を高められる効果が期待できます。また沈痛効果や月経に伴う気分の乱れを抑えることも期待できます。

トップに戻る