トレオニン(スレオニン)

トレオニンとは

トレオニンとは必須アミノ酸の一種です。必須アミノ酸とは、人体が生成できないために外から摂取する必要のあるアミノ酸です。
シジミは100gにつき0.31g (310mg)のトレオニンを含みます。
シジミは必須アミノ酸をバランス良く含んでいます。シジミのアミノ酸スコア(アミノ酸のバランスを示すもの)のスコアは100(最高)です。
必須アミノ酸は全てをバランス良く摂取することによって初めて機能します。トレオニンの効果が欲しいためにトレオニンだけを多く含む食品などを摂っても、他の必須アミノ酸が不足していれば意味がありません。
シジミなどの必須アミノ酸がバランスよく含まれているものを摂取してトレオニンを摂ってください。

トレオニンは卵・肉・魚などに豊富に含まれています。したがってベジタリアンやビーガンの人は不足しがちな栄養素です。
バランスの良い食生活ができている人は、意識して摂る必要もないし、摂りすぎに気を付ける必要もない栄養です。

トレオニンの摂取目安は1日に体重1kgに対して15mg (0.015g)です。
体重が50kgなら
50×15
=750mg (0.75g)
が1日の目安量になります。
スレオニンを過剰摂取した場合は頭痛や胃腸痛などの症状が出ます。

タンパク質を構成するアミノ酸は摂りすぎると、摂りすぎた分は窒素になります。
窒素は有害なアンモニアに変化し、肝臓で尿素に変えられます。
この過程で肝臓が疲労することになります。
肝臓の機能が落ちると、体にはさまざまな負担が生じます。
シジミのオルニチンは肝臓の機能を高める事によってさまざまな恩恵をもたらしてくれます。
逆に言えば肝臓が疲労すればさまざまな悪い結果を引き起こすことになります。
肝臓機能を上げるためにタンパク質を過剰に摂ってしまうのは、逆効果になりますので気を付けてください。。
サプリメントのようなもので一点集中でアミノ酸を摂るのではなく、シジミのようにバランス良く栄養が含まれているものを摂りましょう。

トレオニンの効果

肝臓脂肪を減らす

トレオニンは肝臓の新陳代謝を良くして肝臓脂肪を減らす効果があります。
肝臓に脂肪が付き脂肪肝になると、肝硬変や肝臓がんにつながります。
肝臓には脂肪酸やブドウ糖を中性脂肪として蓄える役割があります。したがって食べ過ぎ・飲みすぎで消費エネルギーが少ないと肝臓に脂肪が溜まっていってしまいます。

美肌・美髪

人の肌や髪や臓器はタンパク質でできています。(タンパク質はアミノ酸が集まってできたもの)トレオニンも肌や髪の形成に関わっているので、トレオニンが不足すると髪・肌の質が低下します。
したがって美容のためのダイエットをしようとしてアミノ酸の摂取量が不足してしまうと、肌や髪が悪くなり、逆に美容に悪い結果になってしまいます。
ダイエットの時でも必須アミノ酸が不足することのないようにしてください。
ダイエットで食事を制限するのであれば糖質を減らす努力から始めてみてください。
糖質を全くとらないという極端な制限方法は厳禁ですが、現代人は糖質を摂りすぎている傾向があるので、糖質の摂りすぎに気を付けてみるだけでもダイエットの一歩となります。

成長を促進させる

スレオニンは新陳代謝を良くして、成長を促進させる効果に期待できます。

トップに戻る