オルニチンでむくみ改善

むくみの原因

むくみ(浮腫)は、細胞と細胞の間(細胞間隙)の水分が増えてしまっている状態です。
細胞間隙の水分は細胞に栄養を配ったり、細胞の老廃物を取り除いたりする役割をしています。したがって細胞間隙の水分があることは重要です。
しかし溜まってしまうことは問題です。

むくみは主に血行やリンパの循環が悪いことに起因します。長時間同じ姿勢でいた結果なるむくみはこのパターンです。
血行が悪化する原因は長時間同じ姿勢でいるだけでなく、様々な原因があります。
アルコールや喫煙、塩分過多、運動不足なども血行が悪くなる原因です。
血行が悪い心当たりがある人は、まず血行が悪い原因を改善してください。

また、むくみは肝臓機能の低下によっても引き起こされうるものです。

むくみの解消法

肝臓を原因とするむくみは、オルニチンによって改善できます。
肝臓ではアルブミンというタンパク質が作られています。アルブミンが少なくなると血管の水分が外に出てしまい、結果としてむくんでしまいます。
オルニチンは肝臓機能を高めることによって、肝臓で作られるアルブミンの量が少なくなるという状態を予防します。

トップに戻る