オルニチンで夏バテを改善する

夏バテの原因

夏バテは辞書の中で「夏の暑さで疲れ、動作や思考力が鈍くなること。夏負け」とされています。夏の暑さで自律神経のバランスが乱れることが原因です。
自律神経とは無意識下で体の器官を調節する神経です。体温を一定に保とうとするのも自律神経の働きです。したがって暑い日は自律神経がとても働かなくてはならなくなり、自律神経が乱れます。
また夏は冷たいものを食べるようになったり寒い部屋に入ったりする機会が増え、内臓に負担をかけるようになることも夏バテの一因となります。
また自律神経が乱れている状態では、エネルギーを多く消費します。したがって自律神経の乱れを改善し、集中できる日常生活を送るためにはエネルギーが必要になります。

夏バテの症状

症状としては、倦怠感・食欲不振・頭痛などが挙げられます。
食欲不振を起こし、十分に栄養を摂れなくなると夏バテは悪化します。特に夏バテになると肉を嫌厭しがちで、タンパク質不足になりがちです。
夏場は水分補給としてジュースを飲んだり、そうめんのようなものばかり食べたりしがちです。そうなると糖分ばかりを摂ってしまうことになり、倦怠感を増幅させます。
秋バテというものもあり、秋バテは夏バテ対策をしておくことがそのまま秋バテ対策にもなります。

オルニチンの効果

エネルギーを作りやすくする

オルニチンは肝臓で働き、肝臓の働きを良くする役割を果たしています。
肝臓は栄養を代謝し、エネルギーを作り出す役割 も持っています。
アルコールを飲んだ次の日に体がダルいのは、アルコールによって肝臓の機能が悪くなり、エネルギーを作りにくくなるからです。
※オルニチンがエネルギーを生み出すことに関する詳細はオルニチンが肝臓の健康を改善するの項目を参照してください。

自律神経を整える

また、オルニチンは睡眠の質を高める効果もあります。
夏バテの原因の一つは自律神経の乱れです。自律神経の乱れは睡眠によって解消されます。
オルニチンによって深い眠りを導くことが、夏バテ対策につながります。
※オルニチンと睡眠の関係はオルニチンが睡眠の問題を改善するの項目を参照してください。

トップに戻る