オルニチンが加齢臭を抑える

加齢臭とは

体臭の種類

加齢臭とは中年以降によく現れる体臭のことです。
原因はノネナールという成分です。

30~40代によく現れる疲労臭というものもあります。加齢臭は40代より前に現れることは少ないです。したがって30代以下の人で体臭がきつくなったら、疲労臭などの他の要因を考えて対策をしてください。
疲労臭はジアセチルを原因としていて、加齢臭とは違うものです。
自分の臭いが気になる人は、中年以降ならば加齢臭対策をし、30代~40代ならミドル脂臭または疲労臭の対策をし、30代より若いならば汗の臭いを対策してください。
オルニチンは疲労臭を改善する効果もあります。※オルニチンと疲労臭の関係の詳細は「オルニチンが疲労臭を改善する」の項目を参照してください。

糖尿病などの病気は体臭の変化を伴います。体臭がするようになったら、病気の症状の可能性があるので一度診察に行ってみてください。
自分の臭いはなかなか自覚できないので、お風呂上りに一日着た服を嗅いでみてください。
※疲労臭の詳細はオルニチンが疲労臭を改善するの項目を参照してください。

加齢臭の原因

加齢臭の原因であるノネナールが中年以降に現れるのは、中年以降の人は脂肪酸・過酸化脂質・活性酸素の分泌が増えるためです。
加齢臭の原因を増加させてしまう要素としては以下の要素があります。

  • 洗身不足
  • 肌の乾燥
  • ストレス
  • 脂肪分の多い食事
  • 過度な喫煙・飲酒

オルニチンが加齢臭を抑える

オルニチンは肝臓で働き肝臓機能を高めることによって、肝臓で作られる抗酸化酵素がしっかり出る環境を整えます。抗酸化物質とは加齢臭の原因である活性酸素を排出する作用があるものです。
肝臓はSOD酵素という抗酸化酵素が作られているため、肝臓機能を高めることによって加齢臭を予防できるのです。
※オルニチンと活性酵素 の関係は、オルニチンと活性酸素の項目を参照してください。

またオルニチンは加齢臭の原因であるストレスの影響を軽減する効果があります。
オルニチンはストレスを受けると発生し体に害を与えるホルモンである、コルチゾールやコルチコトロピンの分泌を抑制することによって、ストレス反応を軽減させ、深い眠りをできるようにします。

トップに戻る