オルニチンで睡眠の問題を改善する

睡眠とオルニチン

オルニチンは寝つきを良くして、朝にスッキリ起きられるようにする効果が期待されています。
寝る前にオルニチンを摂ったグループと摂っていないグループに分かれて、翌朝の体感のアンケート調査や、頭や体を使うテスを行う実験を行いました。
寝る前にオルニチンを摂ったグループは良く眠れて疲れが取れているという体感を持っていて、寝起き直後に行った頭や体を使うテストの成果も良いという結果になりました。

睡眠について

眠りが深いと日中に眠くなりにくくなるだけではなく、成長ホルモンの分泌を促進させます。
成長ホルモンは眠り始めて3時間くらいまでの深い眠り(ノンレム睡眠)のときに分泌します。眠り始めてから最初の3時間でどれだけ深い眠りにつけるかが成長ホルモンの分泌に非常に大切なのです。
成長ホルモンは成長期なら身長をのばしたり、大人だったら美肌を作ったり脂肪を燃焼させるのを助けたりします。
したがって、美肌や健康的に痩せた体を手に入れるには睡眠が不可欠です。

オルニチンの睡眠改善効果

肝機能を高める

オルニチンが睡眠の質を良くする理由の一つに、オルニチンが疲労を回復させたことが挙げられます。
肝臓はエネルギーを作り出す臓器でもあります。オルニチンが肝臓の機能を高めて、肝臓がエネルギーを効率よく作り出せるようになると疲労が取れて睡眠の質が上がることに繋がります。
※オルニチンと疲労の関係の詳細に関してはオルニチンが疲労回復を助けるの記事を参照してください。

ストレスや自律神経の乱れを改善

またオルニチンが睡眠の質を良くした理由の一つに、オルニチンがストレスの影響を少なくし、自律神経の乱れを改善することが挙げられます。
オルニチンはストレスホルモンのコルチゾールやコルチコトロピンの分泌を抑制することによって、ストレス反応を軽減させ、深い眠りをできるようにします。
実験の中でオルニチンがコルチゾールやコルチコトロピンの分泌を抑制することは分かっているのですが、なぜオルニチンがコルチゾールやコルチコトロピンの分泌を抑制するかは研究途中です。
※オルニチンとストレスの関係の詳細はオルニチンがストレスを軽減するの項目を参照してください。

トップに戻る