オルニチンで筋肉増強

筋肉をつけるには成長ホルモンが重要

オルニチンは成長ホルモンの分泌を促進させる効果があります。
筋肉を付けるには成長ホルモンが重要なので、結果的にオルニチンは筋肉が付くのをサポートするといえます。
成長ホルモンはタンパク質の代謝をサポートする役割があります。筋肉を含め人体はほとんど水とタンパク質でできているので、筋肉を付けるにはタンパク質が非常に重要です。
また、成長ホルモンはインスリン様成長因子という細胞の分裂を促すものを刺激する効果もあり、筋肉が付くのをサポートします。

オルニチンが成長ホルモンの分泌を促進させる

肝臓では成長ホルモンの分泌に関わるIGF-I(ソマトメジン¬-C)が作られています。オルニチンは肝臓機能を改善することによってIGF-Iを分泌させ、成長ホルモンを増やす効果が期待できます。またオルニチンは疲労回復を助け、ストレスを軽減することによって睡眠の質を高める効果が期待できます。
※オルニチンと成長ホルモンの関係はオルニチンが成長ホルモンの分泌を促進させるの項目を参照してください。

トップに戻る