原材料を参考に選ぶ!

サプリメントを選ぶ際の参考にしたいのが、「どんな原材料を使用しているか」というポイントです。

特に、オルニチンのサプリメントを選ぶなら、メインの素材であるシジミの品質についてはしっかりとチェックしておきたいところ。
原材料にこだわって選ぶことができれば、自ずと満足度の高い製品が見つかるはずです!

こちらのページでは、原材料をチェックする基準を紹介していきます!
より満足度の高いサプリメントを選ぶ為のポイントなので、ぜひご覧ください。

基準1.品種をチェック!

原材料をチェックするときは、まず、品種を確認してみましょう。
国産のシジミであれば、基本的には以下の三つの品種に分類することができます。

・ヤマトシジミ
ヤマトシジミは、もっともポピュラーな品種です。
安定した漁獲量が見込めるので、サプリメントの原材料として最適と評価されています。
もちろん、栄養価は十分!
オルニチンをはじめ、ビタミンやミネラルなど様々な栄養素を摂ることができます。

・マシジミ/セタシジミ
マシジミとセタシジミは、比較的希少価値の高い品種です。
マシジミは食用の貝ですが、琵琶湖で僅かに生息している程度で市場に出回ることは滅多にないと言われています。
セタシジミの生息地域もきわめて限定的です。
こちらも琵琶湖などで僅かに見られる程度と言われています。

サプリメントの原材料として適しているのは、やはり、量も品質も安定して供給されているヤマトシジミと言えるでしょう。

基準2.産地をチェック!

産地をチェックする場合は、まずは国産か海外産かを確認しましょう。
基本的には、オススメは国産です。
安全性・品質が安定していて、栄養価の高さも評価されています。

国内にも色々な産地があり、それぞれに特徴があります。
北海道網走湖や青森県十三湖、小川原湖なども有名な産地ですが、特に注目したいのは島根県宍道湖産です。

宍道湖の漁獲量は日本トップレベル!
栄養価・品質も非常に優秀です。
安定した漁獲量が期待できるので、サプリメントの原材料として宍道湖産は理想的と言えるでしょう。

宍道湖産のシジミを使用しているサプリメントとしては、オルニパワーZnプラスが人気です。

海外産は避けるべき?

海外産だと安全性や品質が心配…という方もいらっしゃるかと思いますが、一概に「海外産=NG」と考える必要はありません。
もちろん、避けるべき産地もありますが、安全性に優れた良質なシジミが獲れる産地も存在します。

その代表例が、台湾の花蓮(ファーレン)です。
標高の高い山脈に囲まれ、清らかな湧き水の中でシジミが育つので安全性は非常に優秀。
安心して摂ることができます。

花蓮(ファーレン)で獲れる品種は「黄金しじみ」
ヤマトシジミよりも一回りサイズが大きく、身も肉厚です。

外見は名前の通り黄金色に輝いていて、栄養価も非常に豊富。
総アミノ酸量やビタミンA・亜鉛などの含有量はヤマトシジミより優れています。

そんな花蓮産の黄金しじみを使用しているサプリメントとしては、やわたのしじみの力が人気です。
初回は半額で購入することができるキャンペーンが実施されていてお得!
全額返金保証も付いているので、満足できなかった場合は返品することもできます。

結論海外産でもオススメできる製品がある!

トップに戻る