オルニチンが肝臓の健康を改善する

肝臓の基礎知識

肝臓は腹部の右側にあって、肋骨に覆われています。成人だと1~1.5kgの重さがあり、不調になっても痛みを伴うことが少ないので「沈黙の臓器」と呼ばれています。
解毒機能・代謝機能・糖新生・胆汁の生成の他にも、肝臓は500以上の役割を果たしています。
肝臓の主な働きは以下のものです。

代謝

肝臓の代謝機能は糖質・脂質・たんぱく質の三大栄養素の全ての代謝に関わっています。消化器官から来た栄養を各器官が必要としている形に変換させています。
アルコールを摂取すると疲れるのは、肝臓が解毒に忙しく、肝臓の代謝機能がうまく働かずに、エネルギーが足りない状況に陥ることが一因です。
糖代謝の場合、ブドウ糖の形で肝臓にたどり着いた糖はグリコーゲンに変えられ、肝臓に貯蔵されます。各組織がエネルギーを必要としたときはグリコーゲンからまたブドウ糖にして、各組織にエネルギーを渡します。
タンパク質代謝の場合、アミノ酸として肝臓にたどり着き、体に必要な形でのタンパク質に肝臓で変えられます。
脂質代謝の場合、肝臓は脂肪酸を合成・分解し、コレステロールの合成を行います。

解毒

肝臓はアルコールや薬物などの体に害を与えるものを排出する役割があります。
アルコールや薬物を摂らない人はこの機能を使っていないと思うかもしれませんが、そうではありません。
人体は大雑把に言うと、タンパク質と水でできています。したがってタンパク質を摂らないことは健康に大きな害を与えます。
しかし腸内細菌がタンパク質を分解する際に、アンモニアを発生させます。
アンモニアは人体に有害なので、肝臓が解毒をしなければなりません。したがって全ての人にとって肝臓の解毒機能は重要です。

胆汁の生成

胆汁は肝臓で生成される消化液で、最終的に十二指腸に注がれます。
肝臓はコレステロールと胆汁酸から胆汁を作ります。胆汁は脂肪の吸収を助けたり、不要物を排除したりする役割があります。

糖新生

糖新生とは血中のブドウ糖量が低下した時に、肝臓でブドウ糖の代替物を作るシステムです。血糖値は上がりすぎると血管を損傷させますが、血糖値が下がりすぎるとブドウ糖が必要な器官に渡りません。
ブドウ糖が必要な器官の代表が脳です。肝臓は中性脂肪を分解して脂肪酸にし、脂肪酸をケトン体にします。ケトン体が脳のエネルギーとして使われます。
アルコールを摂った次の日に体が重いように感じるのは、アルコールが肝臓を疲弊させていて、肝臓がケトン体を十分に作り出せず、脳がエネルギー不足に陥っていることが原因の一つです。

代謝が良いとダイエットになりますし、栄養が体の中でちゃんと働く形になるということなので健康を作るもとになります。
解毒作用がうまく働かないと、アルコールや老廃物が体に悪影響を及ぼしてしまいます。
胆汁は肝臓の老廃物を流すだけではなく、脂肪の消化吸収を助ける効果もあります。
したがってシジミによって肝臓の効果が良くなると、以上の肝臓の働きが良くなります。

肝臓を疲労させる行為は

  • 食べ過ぎ
    肝臓は消化器官から来た栄養を各器官が必要としている形に変換させています。食べ過ぎで過剰に栄養を処理しなければならなくなると、肝臓は疲労します。

  • アルコールの過剰摂取
    アルコールは肝臓の肝細胞によってアセトアルデヒドに分解されます。したがってアルコールを過剰摂取すると肝臓が疲労するということです。
    そしてアセトアルデヒドは肝臓の代謝機能を弱めるため、アルコールは疲労の元になります。
    さらにアルコールの摂取によってNADHが増加します。NADHは肝臓の働きを阻害します。オルニチンがオルニチンサイクルでアンモニアを解毒するとNADHも消費が進むために、オルチニンはアルコールによる疲労を軽減します。
    アセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素によって酢酸にします。アルコールに強い人とは、アセトアルデヒド脱水素酵素の働きが強い人ということになります。
    アセトアルデヒド脱水素酵素の働きが強い人は、二日酔い・頭痛などのアセトアルデヒドの働きによって生じる弊害の影響を受けにくいです。
    しかしアルコールで酔うというのは、アセトアルデヒドに分解される以前のエチルアルコールによって脳が麻痺している状態のことです。つまりアルコールに強い人は二日酔いや頭痛になりにくい人であって、酔いにくい人ではありません。
    アルコールに強い人はアルコール依存症に気をつけてください。
    そしてアルコールに弱い人とは、アセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱い人ということです。アセトアルデヒドは毒素なので、毒素の影響を長く受けてしまいます。したがって飲酒によるガンのリスクが高いです。

  • 運動不足
    血液の流れが悪くなると、血が汚れます。肝臓は汚れた血を処理するので、肝臓は疲労します。
    また運動によって体内でアンモニアが発生し、肝臓はアンモニアを処理するので、肝臓は疲労します。

  • 過剰な運動
    運動によって体内でアンモニアが発生し、肝臓はアンモニアを処理するので、肝臓は疲労します。

  • 睡眠不足や過度のストレス
    睡眠不足や過度のストレスは自律神経を乱します。
    自律神経はストレスを受けると活発になる交感神経と、休息時に働く副交感神経に分類されます。
    肝臓などの内臓は副交感神経によってコントロールされています。したがって睡眠不足や過度のストレスによって副交感神経が働きにくくなると、肝臓が疲労します。

  • 便秘
    便秘になると腸内にアンモニアが発生します。肝臓はアンモニアを処理するために働かなくてはならないので、肝臓は疲弊します。

肝臓が疲労することにより、以下の症状がでます

  • 目の充血
  • 肩が凝る
  • 集中力がない
  • 疲れやすい
  • 脂肪肝

脂肪肝とは肝臓にコレステロールや中性脂肪が溜ってしまっている状態です。脂肪肝は肝炎・肝硬変・肝臓がんを引き起こす原因となります。
肝臓が疲労すると肝臓の解毒機能や代謝機能が低下して、毒素が溜まったり、エネルギー(ATP)を作り出せなかったりして、全身の疲労につながります。

オルニチンの肝臓での働き

オルニチンは肝臓のオルニチンサイクル(尿素回路)という、解毒システムの中で働きます。
オルニチンが肝臓の中でオルニチンサイクルを活発化することによって、オルニチンサイクルだけでなく、肝臓全体の効率を高めることが期待されています。
オルニチンを摂取することによって、肝臓機能が改善され、肝臓の酵素(ALT)(AST)(y-GTP)が改善されることが分かっています。

オルニチンサイクルとは

オルニチンサイクルとは肝臓のミトコンドリア(動植物の細胞の中にあり、エネルギーを生産しているもの)で、アンモニアを尿素に分解するシステムのことです。
オルニチンサイクルを詳しく見ていきます。
アンモニアはオルニチンと反応して、シトルリンになります。シトルリンはアンモニアと反応するとアルギニンになります。
アルギニンは水と反応するとオルニチンと尿素になります。尿素は腎臓に運ばれ尿として体外に排出され、オルニチンはまたアンモニアと反応するというサイクルができます。これがオルニチンサイクルです。

アンモニアは濃度が濃くなると神経や脳の働きを低下させます。神経や脳の働きを低下は疲労の原因の一つです。つまりオルチニンは疲労を改善する効果があるということです。
アンモニアはアミノ酸が分解される際に発生するものなので、アンモニアが発生することは仕方がないことです。したがって、発生したアンモニアをきちんと処理できることが重要になります。
オルニチンサイクルがあるミトコンドリアの中に、TCAサイクルというエネルギー(ATP)を生産する回路が存在します。
アンモニアはTCAサイクルを阻害します。したがってオルニチンによってオルニチンサイクルを活発化させることは、ATPの生産をスムーズにして、元気を作り出すことができます。

肝臓病予防

肝臓病には

  • 脂肪肝
  • 肝硬変
  • 肝不全
  • 肝臓がん

などがあります。

肝臓がんや肝硬変の主な原因はウイルスです。
しかし脂肪肝は肝臓の多くの病気の原因となりえます。
オルニチンは肝臓の機能を高めることと、成長ホルモンの分泌を促進させることによって脂肪肝を予防・改善し、脂肪肝から発展するさまざまな肝臓病を予防します。

トップに戻る