イソロイシン

イソロイシンとは

イソロイシンは必須アミノ酸の一つです。必須アミノ酸とは、人体が生成できないために外から摂取する必要のあるアミノ酸です。そしてイソロイシンは必須アミノ酸の中でも、BCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれる必須アミノ酸の一種です。
イソロイシンの他にはバリンやロイシンもBCAAです。BCAAは運動中のタンパク質の分解を防ぐために、運動する人には欠かせない成分です。

シジミ100gあたり、250mgのイソロイシンを含んでいます。
シジミは必須アミノ酸をバランス良く含んでいます。シジミのアミノ酸スコア(アミノ酸のバランスを示すもの)のスコアは100(最高)です。
必須アミノ酸は全てをバランス良く摂取することによって初めて機能します。イソロイシンの効果が欲しいためにイソロイシンだけを多く含む食品などを摂っても、他の必須アミノ酸が不足していれば意味がありません。

イソロイシンの1日の摂取目安は体重1kgにつき20mg(0.02g)です。
体重が50kgの人は
50×20
=1000mg(1g)です。

イソロイシンは鶏肉・乳製品・魚などに多く含まれています。

タンパク質を構成するアミノ酸は摂りすぎると、摂りすぎた分は窒素になります。
窒素は有害なアンモニアに変化し、肝臓で尿素に変えられます。
この過程で内臓が疲労することになります。
シジミのオルニチンは肝臓の機能を高める事によってさまざまな恩恵をもたらしてくれます。
逆に言えば肝臓が疲労すればさまざまな悪い結果を引き起こすことになります。
アミノ酸の摂りすぎには気をつけてください。
サプリメントのようなもので一点集中でアミノ酸を摂るのではなく、シジミのようにバランス良く栄養が含まれているものを摂りましょう。

イソロイシンの効果

疲労回復

BCAAを摂る目的の多くは疲労回復です。
BCAAは運動中のタンパク質の分解を防ぎ、疲労回復を助ける効果があります。人間の筋肉のタンパク質の35%はBCAAです。したがって筋肉増強や疲労回復にBCAAは不可欠です。

集中力を高める

イソロイシンは興奮系の神経物質の素となり、必要な時に脳を興奮させて集中ができるようにします。
またイソロイシンは神経の働きを補助し、判断力や反射力も上げることになります。

糖尿病を予防する

イソロイシンは血糖値の上昇を抑制する効果があります。したがって糖尿病の予防としての働きをします。

肝機能を高める

イソロイシンは肝臓のタンパク質の合成を促す効果があります。
肝臓には500以上の働きがあり、そのうちの一つにタンパク質の処理があります。
タンパク質の処理は非常に労力のかかる仕事なので、イソロイシンによってそれが助けられるとことは肝機能を上昇させることにつながります。

血管を広げる

イソロイシンは血管を広げる効果があります。
血管が広がれば血が流れやすくなり、血流も良くなります。
また、イソロイシンはヘモグロビンを形成することにも必要なアミノ酸です。

美髪や美肌の元になる

アミノ酸全般に当てはまることですが、美髪や美肌にイソロイシンは欠かせません。
アミノ酸はタンパク質の構成要素です。タンパク質は体を作る基礎となるもので、髪や肌や臓器などさまざまな体の部位はタンパク質でできています。
コラーゲンが美肌に重要ということを聞いたことがある人は多いと思います。コラーゲンもタンパク質です。コラーゲンを直接摂っても体内でアミノ酸に分解されるため、特にコラーゲンを直接摂る事にメリットはありません。タンパク質を摂るのと同じです。
美肌・美髪を作るためにはタンパク質をバランスよく摂りましょう。

成長ホルモンの分泌促進

イソロイシンは成長ホルモンの分泌を促進する効果があります。
成長ホルモンは名前の通り、成長期の子どもが身長を伸ばすときに必要なホルモンです。
しかし大人になったら成長ホルモンは要らなくなるわけではありません。大人の体でも成長ホルモンは重要な役割を果たしています。
成長ホルモンはやる気を増加させ、コラーゲンを生成し美肌を作り、脂肪を分解し、筋肉を増加・維持させるなどのさまざまな役割を果たしています。

トップに戻る