オルニチンで免疫力を高める

オルニチンには様々な健康効果が見込め、オルニチンの健康効果の中には免疫力を高めることに繋がるものもあります。
免疫力とは体の病気に対抗する力です。免疫力が低下すればさまざまな病気に罹りやすくなるので、免疫力は非常に大切です。

成長ホルモン

肝臓では成長ホルモンの分泌に関わるIGF-I(ソマトメジン¬-C)が作られています。オルニチンは肝臓機能を改善することによってIGF-Iを分泌させ、成長ホルモンを増やす効果が期待できます。
また成長ホルモンは睡眠時に分泌されます。オルニチンは深い眠りをサポートする効果があるので、二つの意味で成長ホルモンの分泌を促進します。

成長ホルモンには免疫力を強化する働きがあります。睡眠時間が少ないと病気に罹りやすいのも成長ホルモンが原因です。
この他にも成長ホルモンは様々な役割を持っていて、成長期であれば身長を伸ばす役割を果たしますし、成長期を過ぎても美肌効果など重要な役割を果たしています。
※オルニチンと成長ホルモンの関係はオルニチンが成長ホルモンの分泌を促進させるの項目を参照してください。

ストレス

ストレスは自律神経の乱れを引き起こし、免疫力を下げてしまいます。
オルニチンはストレスを受けると出る体に害を及ぼす、コルチゾールやコルチコトロピンの分泌を抑制することによって、ストレス反応を軽減させます。
※オルニチンとストレスの関係はオルニチンがストレスを軽減するの項目を参照してください。

トップに戻る