オルニチンが成長ホルモンの分泌を促進させる

成長ホルモンとは

成長ホルモンは名前の通り、成長期の子どもが身長を伸ばすときに必要なホルモンです。
しかし大人になったら成長ホルモンは要らなくなるわけではありません。大人の体でも成長ホルモンは重要な役割を果たしています。

成長ホルモンは

  • やる気を増加
  • コラーゲンを生成し美肌を作る
  • 脂肪の分解
  • 筋肉の増加・維持

などのさまざまな役割を果たしています。

成長ホルモンの分泌が減ると、

  • コレステロールが増える
  • 動脈硬化の危険性が上がる
  • 糖尿病になりやすくなる
  • 骨が弱くなる
  • 肌・髪質の悪化
  • バストが垂れる

などの危険性があります。

成長ホルモンの分泌量は思春期に最大になり、40・50代頃には最大時の1/4程度になってしまいます。
成長ホルモンは睡眠時に分泌されるので、特に成長ホルモンの効果を狙ってシジミを摂っているひとは夜にシジミを摂ってみてください。

オルニチンが成長ホルモンの分泌を促進させる理由

オルニチンがIGF-Iを分泌させ成長ホルモンの分泌を促進させる

肝臓では成長ホルモンの分泌に関わるIGF-I(ソマトメジン¬-C)が作られています。オルニチンは肝臓機能を改善することによってIGF-Iを分泌させ、成長ホルモンを増やす効果が期待できます。
オルニチンを摂ったグループと、摂っていないグループに分かれて3日間成長ホルモンの量を測定する実験を行ったところ、オルニチンを摂ったグループが成長ホルモンの分泌量が多いという結果になりました。

オルニチンが深い睡眠を導き成長ホルモンの分泌を促進させる

成長ホルモンは睡眠時に分泌されます。
成長ホルモンは睡眠の深さによって分泌量が変化します。
具体的には成長ホルモンは、入眠してから90分後に来る徐波睡眠という最も深い睡眠時に最も分泌されます。したがって一番重要なことは徐波睡眠時にどれだけ深く眠れるかということです。
オルニチンは疲労回復を助け、ストレスを軽減することによって睡眠の質を高める効果が期待できます。
※オルニチンと睡眠の関係についてはオルニチンが睡眠の問題を改善するの項目を参照してください。

トップに戻る