ヒスチジン

ヒスチジンとは

ヒスチジンは必須アミノ酸の一種です。必須アミノ酸とは、人体が生成できないために食事などを通して外から摂取する必要のあるアミノ酸です。正確に言えばヒスチジンは必須アミノ酸ですが、大人は体内で生成できます。
シジミは100gにつき310mgのトレオニンを含みます。
ヒスチジンの一日の摂取目安は体重1kgにつき10mgです。
体重が50kgの人は
50×10=500
ヒスチジンの一日の摂取目安量は500mg(0.5g)になります。

ヒスチジンの効果

ダイエット効果

ヒスチジンは食欲を抑制することと、脂肪燃焼を促進させることの二つの側面からダイエットを助けてくれます。したがって、ヒスチジンが非必須アミノ酸だからといって摂取しないままにすると肥満になる危険性があります。

シミ・ソバカス抑制

ヒスチジンはシミ・ソバカス・皮膚がんなどの紫外線による皮膚への刺激を軽減させる効果があります。

神経を保護する

ヒスチジンは神経に働きかける効果があります。
脳神経の場合、脳組織の死滅の抑制として効果が現れます。
また慢性関節炎の痛みを和らげる効果としても現れます。
そして神経を保護することによってストレス解消にもつながります。

トップに戻る