オルニチンの育毛効果

オルニチンが成長ホルモンの分泌を促進させる

成長ホルモンは、毛が生える元の毛母細胞を活性化させます。
オルニチンは成長ホルモンの分泌を促進させるので、結果的に発毛を促進させることになります。
肝臓では成長ホルモンの分泌に関わるIGF-I(ソマトメジン¬-C)が作られています。オルニチンは肝臓機能を改善することによってIGF-Iを分泌させ、成長ホルモンを増やす効果が期待できます。
※肝臓と成長ホルモンの関係の詳細はオルニチンが成長ホルモンの分泌を促進させるの項目を参照してください。

オルニチンがポリアミンを作る

ポリアミンはオルニチンによって作られます。
ポリアミンは細胞分裂に不可欠な栄養です。したがって新陳代謝に不可欠です。
髪は毛母細胞が分裂をすることによって生えます。したがって発毛にはポリアミンが不可欠です。

オルニチンがコラーゲンの分泌を促進させる

コラーゲンは肌のハリを保つことで有名ですが、コラーゲンは髪にも重要です。
コラーゲンは毛を保護していて、毛が再び生えてくる環境を整えます。
オルニチンは成長ホルモンの分泌を促進させ、成長ホルモンはコラーゲンの生産力を上げますし、オルニチン自体もコラーゲンの原料になります。

トップに戻る