オルニチンが疲労回復を助ける

疲労とオルニチン

肝臓はエネルギーを作り出す機能と、解毒する機能があります。
オルニチンは肝臓の機能を高め、肝臓がエネルギーを作りやすくし、解毒しやすくすることで疲労を回復させます。
また、アルコールなどによって肝臓機能がうまく働かなくなると、肝臓がエネルギーを作ったり、解毒したりする機能が下がります。
オルニチンはアルコールの影響を減らす効果があるので、その意味でもオルニチンは疲労を回復させます。

疲労は脳が原因で起こります。
脳は自律神経を通して臓器を調節します。その際に神経細胞に活性酸素が発生し、細胞にダメージを与えます。
これが疲労の原理です。したがってオルニチンで臓器の働きを良くすること、またはオルニチンで睡眠の質を高めることで疲労回復が期待できます。

オルニチンの疲労回復効果

オルニチンは肝臓がエネルギーを作る機能を高める

肝臓の代謝機能は糖質・脂質・たんぱく質の三大栄養素の全ての代謝に関わっています。消化器官から来た栄養を各器官が必要としている形に変換させています。
アルコールを摂取すると疲れるのは、肝臓が解毒に忙しく、肝臓の代謝機能がうまく働かずに、エネルギーが足りない状況に陥ることが一因です。
糖代謝の場合、ブドウ糖の形で肝臓にたどり着いた糖はグリコーゲンに変えられ、肝臓に貯蔵されます。各組織がエネルギーを必要としたときはグリコーゲンからまたブドウ糖にして、各組織にエネルギーを渡します。
タンパク質代謝の場合、アミノ酸として肝臓にたどり着き、体に必要な形でのタンパク質に肝臓で変えられます。
脂質代謝の場合、肝臓は脂肪酸を合成・分解し、コレステロールの合成を行います。
オルニチンは肝臓を助け、栄養の代謝を助けて疲労回復を助けます。

オルニチンは肝臓が解毒する機能を高める

オルニチンはオルニチン回路という肝臓の中の仕組みの中で働きます。
オルニチン回路とはアンモニアを処理する仕組みです。
アンモニアはタンパク質の分解などで生じます。したがって生じてしまうことは仕方ないですが、アンモニアは疲労や体臭の元になります。
したがってオルニチンがアンモニアを処理することは疲れの元を減らすことに繋がります。

オルニチンは睡眠の質を高める

オルニチンは肝臓の機能を高めることと、ストレスを軽減することによって睡眠の質を高めます。
※オルニチンと睡眠の関係の詳細はオルニチンで睡眠の問題を改善するの項目を参照してください、

トップに戻る