オルニチンが糖尿病を改善する

糖尿病とは

糖尿病とは生活習慣病の一種で、血糖値が基準値を超えている状態のことです。
血糖値とは、血液中にどれだけブドウ糖があるかを表したものです。ブドウ糖は血液を通して体のさまざまな所へ行き、エネルギーとして消費されます。これを代謝と呼びます。
しかし血液中に過剰なブドウ糖があると、ソルビトールというものが生まれます。
血液中のブドウ糖はインスリンというすい臓から出るホルモンによってコントロールされます。
つまり糖尿病とはインスリンが不足している・過度な飲食で体内にたくさんのブドウ糖が溜まる・運動不足でブドウ糖の消費量が少ないということが原因として考えられます。
糖尿病になると体のさまざまな所で合併症が生じ、最悪の場合、動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞などの命に危険を及ぼす病気の原因になります。ソルビトールが血管を傷つけてしまうからです。傷ついた血管の壁は修復の末太くなり、血液が通りにくくなります。またソルビトールは神経細胞も傷つけます。したがって糖尿病は手足の感覚を奪って、最悪の場合切断を余儀なくされる場合があります。

オルニチンが糖尿病を改善する

インスリン様成長因子(IGFs)

オルニチンはインスリン様成長因子(IGFs)の分泌を促進させる効果があります。
インスリン様成長因子(IGFs)とはインスリンと似た働きをするものです。
インスリンが体で機能すれば血中のブドウ糖が過剰に血中に残ることなく、糖尿病を予防できます。

肝臓とインスリンの関係

オルニチンは肝臓のオルニチン回路という場所で働き、肝臓機能を高める効果があります。肝臓機能が上がると糖尿病を予防することができます。
※オルニチンと肝臓の関係の詳細に関しては「オルニチンが肝臓の健康を改善する」の項目を参照してください。

肝臓と糖尿病は密接に関わっています。
糖尿病になりやすい生活習慣(糖質を多く摂る生活習慣)を送っていると、インスリンが過剰分泌している状態になりやすいです。
インスリンが過剰分泌していると、余分なブドウ糖は肝臓に蓄えられます。そして肝臓が糖を放出し、血糖値が急上昇することになります。
したがって肝臓が悪くなることによって糖尿病につながることもありますし、糖尿病になることによって肝臓が悪くなることもあります。
糖尿病と肝臓病は運命共同体のようなものなのです。

トップに戻る