オルニチンが集中力を上げる

集中とは

集中しているとは、一点に意識が向いていることです。
マルチタスクという同時に複数のことを集中して処理できる人がいるという話が昔ありましたが、人は基本的にマルチタスクができないということが分かりました。同時に複数のことを処理している人は、素早く意識を移しているだけだったり、意識を集中する必要のないことをしていて集中して取り組んでいる作業は一つあるいは一つもないだけだったりします。
また同時に複数の処理をするより、一つずつ処理する方が圧倒的に効率が良いことも分かっています。
つまり真に集中して取り組むということは、一つのことに意識を向けることだといえます。

集中には多くのエネルギーが必要

この一つのことに意識を向けるという行動は非常に多くのエネルギーを消費します。
体の消費カロリーの20%は脳が消費しています。
プロの棋士は一局が終わるとエネルギーを大量に消費し、体重を2~3キロ減らす人もいるそうです。
したがって、エネルギー不足は集中の敵といえます。

オルニチンがエネルギーを作り出す能力を高める

オルニチンは肝臓機能を上げることによって、エネルギー不足を防ぎます。
肝臓はお酒と結びついてイメージされることが多いですが、実際は肝臓には500以上の役割があります。
肝臓の役割の中の一つに、栄養を代謝してエネルギーを作り出すというものがあります。
オルニチンが肝臓の機能を高めて、肝臓のエネルギーを作り出す能力を高めることによって、集中に必要なエネルギーをしっかりと作れるようにします。

トップに戻る