オルニチンがコレステロール値を下げる・血圧を下げる

コレステロールとは

コレステロールの役割

コレステロールは脂質の一種です。
コレステロールは細胞膜の材料になったり、ホルモンの材料になったり、胆汁酸の材料になるなど体に不可欠のものです。
コレステロールは7割が肝臓などの体内で作られます。
コレステロールはLDLコレステロール(悪玉コレステロール)と、HDLコレステロール(善玉コレステロール)に分かれます。
LDLコレステロールは血液を通じてコレステロールを運び、HDLコレステロールは血液中のコレステロールを肝臓に回収します。
コレステロールは細胞膜の材料になるなどの役割があるので、血液を通して全身に運ぶ必要があるのです。回収されたコレステロールはホルモンの材料になったり、胆汁酸の材料になったり、捨てられたりします。

コレステロールの悪影響

コレステロールは体にとって非常に大切です。コレステロールが少ない場合、血管が細くなるなどさまざまなデメリットがあります。
それではなぜコレステロールはしばしば悪者扱いされ、LDLコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれるのでしょうか?
血管壁にコレステロールが蓄積すると、固まりとなって動脈硬化の原因となるからです。
LDLコレステロール値÷HDLコレステロール値をLH比といいます。2以下が理想です。

オルニチンが悪玉コレステロールを排出させる

コレステロール は肝臓で胆汁の材料になります。
したがって肝臓が弱っている場合、悪玉コレステロールが溜まっていくことがあります。
オルニチンは肝臓機能を上げる効果があり、コレステロールが胆汁にならない状態を予防することができます。
また血液にコレステロールや中性脂肪が多い、いわゆるドロドロ血液状態だと高い圧力がないと血液を送れないことから、高血圧になります。
したがってオルニチンは高血圧対策にもなります。

トップに戻る