オルニチンでバストアップ

バストアップに必要なもの

バストの成長は主に初経前後4年間で行われます。具体的には大体初経の1年前から膨らみ始めて初経から3年で大人のバストになります。
初経の年齢は10~15歳の間の人が多いので、バストが成長する期間は個人差があります。
しかしバストの成長は大人になってからでも行われます。
理論的には成長ホルモンと女性ホルモンとそれらの受け皿があればバストアップは可能です。
成長ホルモンや女性ホルモンの受け皿にラクトゲン受容体というものがあります。ラクトゲン受容体は限界量を増やすことはできません。しかし活性化はできます。

成長ホルモン

オルニチンは成長ホルモンの分泌を促進させます。
肝臓では成長ホルモンの分泌に関わるIGF-I(ソマトメジン¬-C)が作られています。オルニチンは肝臓機能を改善することによってIGF-Iを分泌させ、成長ホルモンを増やす効果が期待できます。
※オルニチンと成長ホルモンの関係はオルニチンが成長ホルモンの分泌を促進させるの項目を参照してください。
ストレスや睡眠不足はバストアップの敵というのは、成長ホルモンがストレスや睡眠不足によって妨げられるからです。

女性ホルモン

成長ホルモンにも当てはまることですが、女性ホルモンはストレスなどによって自律神経が乱れ睡眠の質や量が下がることによって少なくなります。
オルニチンはストレスの影響を少なくする効果があります。
※オルニチンとストレスの関係はオルニチンがストレスを軽減させるの項目を参照してください。

ラクトゲン受容体

ラクトゲン受容体は成長ホルモンによって活性化させることができます。
ラクトゲン受容体はヒトによっては20代・30代にできる人も少なくありません。思春期の頃にバストが大きくならなかった人はラクトゲン受容体ができていなかっただけかもしれません。諦めずに成長ホルモンによってラクトゲン受容体を活性化させてみてください。
※オルニチンと成長ホルモンの関係はオルニチンが成長ホルモンの分泌を促進させるの項目を参照してください。

トップに戻る