砂抜き

美容としじみ

しじみが私たちの体にもたらす恩恵は、アルコールを解毒http://www.obira.on.arena.ne.jp/ijyusodan/ijyu.htmlしたり、肝機能を助けるといったお酒のケアだけではありません。
しじみには美容にも効果のある成分が含まれています。
それは具体的にはどのようなものなのでしょうか?

しじみが持つ、美容効果を発揮する成分の筆頭は【タウリン】です。
この成分には悪玉コレステロールの分解を助け、体の新陳代謝を高める働きがあります。
タウリンの働きによって新陳代謝が活性化すると、お肌のターンオーバーが正常化され、透明感のある、肌理の整った美しい肌をもたらしてくれます。

美容効果を持つ二つ目の成分は【亜鉛】です。
亜鉛はビタミンCと共に、ハリのある肌に欠かすことのできないコラーゲンを生み出します。
三つ目の【オルニチン】は肝機能のサポートだけでなく、細胞分裂を活発化する働きもあります。
細胞分裂が盛んに行われることにより、肌や髪は潤いを保った若々しい状態を維持できるのです。

四つ目はビタミンです。
【ビタミンB2】と【ビタミンB12】が豊富に含まれています。
五つ目は【葉酸】です。
葉酸は先に挙げたビタミンB12と協調して働き、新しい血液を作ります。
血液は体の各部に酸素や栄養素を運ぶ交通機関のようなものですから、新鮮な血液が増えると体の末端にまで栄養素が行き渡り、貧血状態が改善されます。
これは血色の良い肌をもたらすだけでなく、加齢によるシミやシワを抑えるアンチエイジング効果も生み出します。

アンチエイジングに関しては、貝類に多く含まれる【ポリアミン】という成分が有効で、これがしじみの持つ六つ目の美容成分http://www.vintagestarwarsactionfigures.net/korega.htmlとなります。
ポリアミンはウィルスからヒトにいたる、あらゆる生体が体内に宿し、その働きは細胞分裂や蛋白の合成などに関わっている成長因子です。
母乳に含まれるポリアミンの濃度が、出産後十日から二週間前後にかけて特に増えるということを考えれば、この成分が成長に欠かせない、非常に重要なものだということがおわかりになるでしょう。
体内のポリアミンは加齢と共に減少することから、老化との関わりも考えられており、また「記憶」に関係している可能性も高い栄養素です。
つまり、私たちは年々減り続ける体内のポリアミンを食事で補うことにより、体と頭(脳)の若さの維持が期待できるわけです。

以上のように、しじみに含まれる成分は肝臓をいたわる働きだけでなく、美容とアンチエイジングにも大きな効果を発揮します。
しかも比較的安価に、手軽に手に入る食材であり、お味噌汁の具などにすれば(砂出しの手間がかかるとは言え)調理も簡単です。
ご家庭の食卓にぜひ積極的に取り入れてください。