オルニチンでアルコール対策をする

アルコールは肝臓を疲労させる

体内に摂取したアルコールは、肝臓の肝細胞によってアセトアルデヒドに分解されます。
したがってアルコールを過剰摂取すると肝臓が分解に集中してしまいます。
肝臓はエネルギーを作る機能もありますが、分解に集中しているとエネルギーを作るシステムがうまく働かなくなります。その結果エネルギー不足から疲労を引き起こします。
そしてアセトアルデヒドは肝臓の代謝機能を弱めるので、アルコールは疲労の元になります。

オルニチンが肝臓の疲労を軽減する

オルニチンは肝臓のオルニチン回路という部分で働いています。オルニチン回路はアンモニアを処理するシステムです。
アルコールを摂取するとアンモニアが増えます。オルニチンはアルコール摂取によって増加したアンモニアを処理することによって二日酔いを予防する効果が期待できます。

お酒に強い人と弱い人

お酒に強い人

アセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素によって酢酸になります。アルコールに強い人とは、アセトアルデヒド脱水素酵素の働きが強い人ということになります。
アセトアルデヒド脱水素酵素の働きが強い人は、二日酔い・頭痛などのアセトアルデヒドの働きによって生じる弊害の影響を受けにくいです。

しかしアルコールで酔うというのは、アセトアルデヒドに分解される以前のエチルアルコールによって脳が麻痺している状態のことです。つまりアルコールに強い人は二日酔いや頭痛になりにくい人であって、酔いにくい人ではありません。
アルコールに強い人はお酒を多く飲んでしまうため、アルコール依存症に気をつけてください。

お酒に弱い人

アルコールに弱い人とは、アセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱い人ということです。アセトアルデヒドは毒素なので、毒素の影響を長く受けてしまいます。アセドアルドヒドはDNAを損傷させガンを引き起こします。
したがってお酒に弱い人は、飲酒によるガンのリスクが高い です。

オルニチンを摂取するタイミング

オルニチンでアルコール対策をしようと思っている人は、アルコールを摂った後にオルニチンを摂ってみてください。
オルニチンが肝臓で働くことによって、アセトアルデヒドによる二日酔いの影響を弱めることになります。

トップに戻る