アラニン

アラニンとは

アラニンとはアミノ酸の一種で、非必須アミノ酸です。非必須アミノ酸とは、人体が生成できるアミノ酸です。体内で生成できるので必ずしも食事の中から摂る必要はありません。しかし体内で生成できる分では不足している場合もあります。
シジミは100gあたり440mgのアラニンを含みます。シジミのアラニンの量は非常に多いです。アラニンは肝臓を助ける効果があるので、シジミが肝臓を助けるのはオルニチンの効果だけでなく、様々な栄養の組み合わせによって行われていることが分かります。

摂取目安量は?


アラニンは非必須アミノ酸であるために摂取目安量は設定されていません。

アラニンの効果

2-1肝臓を助ける
アラニンは肝臓を助ける効果があります。特にアルコールを分解する補助の役割を果たします。
肝臓は500以上の役割を持っているので、肝臓が良くなるだけで様々な良い結果を生むことになります。
例えば肝臓はアミノ酸を体が求める形のタンパク質にするという役割があります。体は水とタンパク質でできていると言っても言い過ぎではありません。つまり体の重要な構成要素を処理する役割を肝臓は担っているのです。
肝臓の機能が悪くなれば体のさまざまな部分で問題が生じます。

美肌効果

アラニンは肌の保湿に役立つアミノ酸です。
アラニンはその保湿力から、化粧水などの中に配合されていることがあります。

トップに戻る