美肌人口の高い島根県としじみ

美人といえば、色白の東北美人を思い浮かべますが、美人の人口が多いのは島根県なのです。
潤いと色白美肌が特徴だといわれます。
その美肌には、しじみが関係があるといわれています。
どのように関係しているのでしょうか。

4年連続美肌グランプリ受賞

毎年、寒くなり肌が乾燥する時期になると、化粧品会社による「ニッポン美肌県グランプリ」が行われます。
女性を対象に、肌の潤い、にきび、しみ、くすみ、毛穴、肌のきめなどの6部門の調査が行われ、都道府県別にデータを集計し、総合順位をつけるものです。
そのランキングで、島根県は4年連続でグランプリを受賞しています。
全部門が20位以内で、そのうち肌の潤いと肌のきめ、にきびのできにくさはベスト10に入っています。
客観的なデータですから、島根県の女性に美肌の多いことは間違いありません。

しじみの産地宍道湖

美肌人口の多い理由のひとつにしじみが関係あると考えられます。
島根県はしじみの漁獲量でもトップクラスで、2年連続1位を獲得した実績もあります。
日本全国でのしじみの漁獲量は焼く9500トンですが、そのうち約4000トンが島根県です。
湖沼別では宍道湖が約3800トンと島根県産の約95%を占め全国でもトップです。
そのため、島根県の家庭ではしじみを食べる機会も多くなります。
しじみの味噌汁やしじみご飯、しじみのみぞれ煮など食卓に身近な存在です。

しじみが美肌を作る

しじみに含まれるオルニチンは成長ホルモン誘導体で、成長ホルモンの分泌を促し新陳代謝を促進します。
新陳代謝が促進されると肌のターンオーバーもよくなり、古い細胞が剥がれ落ち、新しく潤いのある肌に生まれ変わります。
しじみにはアミノ酸も含まれており、コラーゲンを合成しますので、肌にみずみずしさとハリを与えます。
造血作用と血流改善は栄養や水分、酸素などを肌の細胞の隅々にまで届け、細胞を活性化しますので、しみやくすみなどを防ぎます。
島根県は、「日照時間が短いため紫外線の影響を受けにくく、水蒸気密度が高いため潤いを保つことができる」といわれますが、それ以上に、しじみなどの食品による体の中から美肌を作る働きは大きいものです。

美肌は、自然に恵まれた食と環境が作り出したものでしょう。
美肌人口としじみの漁獲量も見過ごせない要因です。
検証のために、しじみをたくさん食べてみてはいかがでしょうか。
トップに戻る