疲労からでる臭い対策にしじみ

年をとると加齢臭が気になりますが、若い人でも臭いの気になる方が多くなっています。
疲労から来る疲労臭です。
疲労が蓄積されると、ますます臭いがひどくなります。
そんな疲労臭に、しじみが効果があるといわれます。
どのように作用するのでしょうか。

疲労から出る臭いとは

通常、汗は水分ですから臭いはありません。
2種類ある汗腺のうちエポクリン腺から出る汗は約99%が水ですが、アポクリン腺から出る汗はタンパク質や脂質、アンモニアなどが含まれているため、悪臭となります。
疲労や運動不足などが原因となり、充分に代謝されずにアポクリン腺に集まり雑菌が繁殖する、毒素のアンモニアが出てくることが悪臭の原因です。
脇の下や恥部、足の裏などは蒸れやすいため、さらに臭いがひどくなります。
そのため、疲労臭は年齢や性別に関係なく起こります。

肝機能向上で臭いを抑制

しじみの成分オルニチンが肝臓のオルニチンサイクルに作用し、疲労物質アンモニアの解毒・排出作用を促進し、肝機能を高めるように働きます。
その他のしじみに含まれる成分も肝臓の解毒作用の補助、肝機能の正常化、肝機能の活性化など肝臓の働きを高めるように作用します。
アンモニアがスムーズに分解・排出されることにより、汗に混じって出てくることも少なくなります。

また、継続的にしじみを摂取していると、肝臓の機能が正常な働きが維持され、疲労を回復し、疲労しにくい身体を作ることになりますので、アンモニアの発生自体を軽減しますので、アンモニア臭を減らします。

新陳代謝促進で臭いを解消

肝機能が高まると、新陳代謝が促進され、しじみに含まれるオルニチンが成長ホルモンの分泌を促しますので、さらに新陳代謝が高まります。
新陳代謝が高まると、ビタミンEなどの抗酸化作用が脂質の過酸化脂質への変異を予防したり、ビタミンB2などのタンパク質、糖質、脂質の代謝作用なども高まります。
血流もよくなりますので、ろ過機能も向上し水分だけが排出されるようになります。
代謝されずに残る体内の老廃物も減少し、排出もスムーズに行われるようになりますので、アポクリン線に出てくる量が減少します。
そのため、アポクリン腺に雑菌が繁殖することも抑えられますので、臭いが軽減されます。

しじみは疲労臭を根本から改善する働きがあります。
しかし、体の活動を補助するものですから、食生活や生活習慣の見直し、身体の機能を高める運動なども大切です。
トップに戻る