睡眠の質向上にしじみ

肝臓の機能を高め、貧血の予防や改善にも良いというしじみが、睡眠の向上にも効果があるといわれます。
あの小さなしじみには栄養が豊富に含まれていますが、睡眠にどのような関係があるのでしょうか。

疲労回復で睡眠の質向上

しじみに含まれるオルニチンが肝臓のオルニチンサイクルで疲労物質アンモニアの解毒を促進し、肝臓全体の機能を正常に保つ働きをしています。
また、しじみに含まれるいくつもの成分が、解毒作用を高めたり、肝臓を活性化させたりと、肝臓の機能をサポートしています。
さらに、オルニチンを摂取することで唾液中のコルチゾールの分泌もよくなり、精神的疲労が軽減されます。
この肝臓の機能向上による肉体疲労の回復とコルチゾールの増加による精神的疲労の軽減がリラックスした状態を生み出し、睡眠の改善や質の向上につながります。
しじみを継続的に摂取したり、サプリなどでオルニチンを補うようにすると、肉体的にも精神的にも疲労しにくくなり、睡眠の質は高くなります。

精神安定で睡眠の質向上

しじみには必須アミノ酸の一種トリプトファンという成分が含まれています。
肝臓や腎臓で代謝されると活動のエネルギー源となり、脳に運ばれると精神を安定させる効果があります。
脳内では、ビタミンB6やナイアシン、マグネシウムなどにより代謝され、ヒドロキシトリプトファンとなり、神経伝達物質セロトニンへと変化します。
セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンの異常な興奮状態を抑え、精神のバランスを調整します。
トリプトファンを含む食材を継続的に摂取すると、セロトニンが増えますので、精神が安定した状態を保つことができます。
精神が安定すると、心の疲労やストレスも軽減され、睡眠の改善や質の向上に効果があります。
アメリカでは不眠の解消や精神を安定させるサプリとして販売されています。
しかし、サプリとしては過剰摂取による血圧や心拍数の異常や、脳血管収縮障害、肝硬変などのリスクがありますので、事前に医師との相談が必要です。
毎日の食事にしじみや肉類、チーズ、大豆、バナナなどトリプトファンを多く含んだ食品を取り入れる分には過剰摂取となることはなく、睡眠の改善が期待できます。

しじみは睡眠の改善や質の向上にも効果があります。
調理方法も工夫し、できるだけ多く毎日の食事に取り入れましょう。
トップに戻る