鶏肉としじみの相乗効果

鶏肉としじみというと、さっぱりした淡白な味のイメージがあります。
しかし、イメージとは異なり、どちらも栄養が豊富で、相乗効果も高いようです。
一緒に食べるとどのような相乗効果があるのでしょうか。

鉄分の吸収を高める

しじみに含まれる鉄分はあまり吸収率の良くな非ヘム鉄です。
吸収率をあげるためには、動物性タンパク質と一緒に食べると良いといわれます。
鶏肉は、豊富にアミノ酸を含みバランスもよく、消化吸収に優れています。
鶏肉としじみを一緒に食べると、しじみの鉄分の吸収がよくなりますので、赤血球の生成を促進し、貧血の予防・改善効果が高くなります。

肝機能強化

しじみの成分オルニチンはアンモニアを解毒し肝機能を高める働きがありますが、鶏肉に含まれるメチオニンは血中のコレステロールを減少させ、活性酸素を取り除く作用がありますので、脂肪肝を予防する働きがあります。

抗酸化成分が新陳代謝を促進

しじみの成分オルニチンは成長ホルモンの分泌を促し、新陳代謝を促進します。
鶏肉には活性酸素の働きを抑制するアンセリンやカルノシンなどを含んでいますので、その抗酸化作用が新陳代謝を高めます。

動脈硬化予防

新陳代謝が促進されることで血流もよくなりますが、鶏肉にはリノール酸が含まれており、血中コレステロールや中性脂肪を減少させる働きがありますので、一層の血流がよくなります。
そのため、動脈硬化などの生活習慣病やメタボ・肥満の予防にも効果があります。
ただし、リノール酸が多く含まれるのは、鶏肉の脂肪の部分です。
脂肪を気にして取り除かれることも少なくありません。
時には調理方法を工夫して摂り入れることが必要です。

美肌効果

新陳代謝の促進は肌のターンオーバーも良くなりますので、美肌効果が期待できます。
鶏肉には肌の保湿成分のコラーゲンが含まれていますので、肌にハリと潤いを与えてくれます。
鶏肉でも、手羽先や骨付き肉にコラーゲンは多く含まれています。

鶏肉としじみの組み合わせはあっさりとしているようで相乗効果の非常に高いものです。
世界三大美女の楊貴妃も手羽先の特性煮込みを食べていたといわれます。
鶏肉としじみは女性の美容とダイエット、貧血予防にも優れた組み合わせです。
ぜひ、お試しください。
トップに戻る