貝類が体によい理由

貝類は旨味成分や栄養が豊富に含まれており、昔から日本人に親しまれている食材です。
古代では、山奥でさえ川しじみが食べられており、貴重な栄養源となっていました。
今回は、貝類が身体によい理由についてご説明します。

バランスの取れた栄養成分

貝類にはタンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。
旨味成分のコハク酸やアラニン、グルタミン酸などもアミノ酸で、身体作りにも有用な成分です。
アミノ酸は筋肉や骨、内臓、血液など身体のすべての細胞や組織を構成する成分です。
ビタミンやミネラルは身体を形成する成分となり、代謝を促進する働きもあります。
これらの成分がバランスよく含まれているため、効率的な身体作りができるのです。

タウリンが豊富

貝類に多く含まれるタウリンは、人間の体内のすべての細胞や組織に存在し、体内でも生成できるアミノ酸です。
肝臓内ではアルコールや薬剤、アンモニアの解毒の促進、脂肪の蓄積を防いで肝機能を高める働きがあります。
また、胆汁酸の生成を促進し、コレステロールを減らし、動脈硬化や脳梗塞などの生活習慣病の予防に効果があります。
血管の弾力性の維持による血流の改善や脂肪代謝の促進は、ダイエット効果もあります。

ビタミンB12を含みながら低脂肪低カロリー

ビタミンB12は悪性貧血を予防するビタミンで、動物性食品に多く含まれています。
貝類にも多く含まれていますが、貝類は低脂肪低カロリーの食材ですから、多く取り入れると栄養バランスの取れたカロリーコントロールができます。

貧血を予防する鉄分

貝類に多く含まれる鉄分とビタミンB12は貧血予防や改善に効果があります。
鉄分とビタミンB12は血液の赤血球を構成するヘモグロビンの成分となり、赤血球を増殖することで貧血を防ぎます。
また、赤血球は酸素を身体中に届ける働きもありますので、頭痛や疲労などの身体の不調を改善する働きがあります。
月経や妊娠・出産で貧血の有病率の高い女性には貝類の摂取は有効な改善方法です。

新陳代謝を支える亜鉛

亜鉛は骨や筋肉、肝臓、腎臓などに存在する新陳代謝にかかわるミネラルです。
とくに、タンパク質の代謝を促進する働きがあります。
無理なダイエットをすると亜鉛が不足し、味覚障害や免疫力の低下などの症状が現れます。
1日に必要な量は、貝汁1杯で摂取できる程度ですから、ぜひ、食事に加えることをお勧めします。

貝類には健康や美容に欠かせない成分が豊富に含まれ、ダイエットにも効果のある食材です。
貝の種類によって成分の含有量は違いますが、旬の時期が最も多く栄養を含んでいます。
旬ごとにいろいろな貝を楽しんでみてはいかがでしょうか。
トップに戻る