しじみを摂る習慣を付ける最適なタイミング

しじみを摂る習慣は、朝や晩、運動の前後、就寝前など生活パターンや目的に応じて設定すると、身につきやすくなります。
また、タイミングに合った飲み方になりますので、効果もアップします。
今回は、しじみを摂る習慣の身に付け方についてお話しします。

朝晩飲んで疲労回復

朝は、肝臓の働きを高め、1日の活力を得ることができます。
夕食時は、活動で疲れた肝臓の修復・再生に働き、疲労回復に効果があります。
朝晩は、しじみの味噌汁にして食べると、味噌の含まれるコリンの肝機能向上作用がありますので、しじみとの相乗効果が期待できます。

運動の前後で効果身体のケア

運動やスポーツをする方は、その前後に飲むと運動の効果が高くなります。
このタイミングで飲む場合は、サプリメントを利用すると便利です。
運動の前は、30分~1時間ほど前に飲むと、運動の最中に作用します。
運動中のエネルギーの生成を促進して疲れにくくし、毎回継続的に飲んでいると、持久力を高めるという効果があります。
また、運動中の脂肪燃焼効果も高くなりますので、ダイエットにも最適なタイミングです。
運動の後は、直後~30分以内が理想的と言われます。
肝臓や筋肉などのダメージを修復・再生し、肝機能や筋力を高める効果があります。

寝る前に飲んで効果アップ

寝る前もサプリメントを利用すると、胃への負担もありません。
寝る1時間ほど前に飲みます。
就寝中に成長ホルモンの分泌が盛んになりますので、このタイミングで飲むとオルニチンが成長ホルモンの分泌をさらに高めてくれます。
成長ホルモンの分泌が良くなると、新陳代謝も活発になりますので、美容やダイエット効果も高くなります。

お酒の前後

お酒を飲むときだけしじみのサプリを飲んでもそれほど効果は期待できません。
普段からしじみを摂るようにしていると、この前後に飲むと効果が高くなります。
お酒の前に飲めば、飲んでいる最中に身体の中でアルコールの処理をしてくれていますので、悪酔いしにくくなります。
飲んだ後は、アルコールの代謝を促進し、肝機能を高めてくれますので、二日酔いや疲労の軽減に効果があります。

しじみを摂る習慣は生活習慣に合わせると身につきやすくなります。
適切なタイミングで摂ることにもなりますので、効果もいっそう高くなります。
ただ、いつも生のしじみというわけにはいきませんので、手軽に摂れるサプリが便利です。
錠剤やカプセル、ドリンクなど、いろいろな種類がありますので、目的に合わせて摂りやすいものを利用するといいでしょう。
トップに戻る