しじみを使ったおすすめレシピ

健康や美容にも良いしじみでも、味噌汁や佃煮ばかりでは飽きてしまいます。
ちょっとした工夫で、日頃のメニューに加えることができます。
今回は、しじみを使ったおすすめレシピをご紹介します。

しじみとひじきの煮物

ひじきはカルシウムや鉄分、ヨウ素などを含んだ美容と健康に良い食材です。
骨や歯を丈夫にし、血流改善から生活習慣病予防、貧血の改善などの効果があります。
酒蒸しの汁を煮汁に混ぜることで、旨味が増します。
材料は、ひじき、しじみ、ニンジン、ピーマン、酒、油、しじみの煮汁、砂糖、醤油、みりんです。

・ひじきは適当な大きさに切って洗い、ざるで水気をきります。
乾燥ひじきでも構いません。

・しじみは酒蒸しにして身を取り出し、汁は濾しておきます。

・ニンジンとピーマンを千切りにします。

・ひじきを油で炒め、ニンジンとピーマンを加えてさらに炒めます。

・油が回ったところで、しじみの汁と水を加え、調味料で味を調えてから煮詰めます。

・大方煮たところでしじみの身を加え、汁気がなくなるまで煮詰めます。

ゴーヤとしじみ炒め山椒風味

疲労回復や美肌効果、生活習慣病などに効果のあるゴーヤを使い、山椒のピリッとした辛みにご飯もすすむ、夏バテ解消に最適なレシピです。
しじみの佃煮を使うと短時間でできます。
材料は、ゴーヤ、にんにく、しじみの佃煮、オリーブオイル、酒、粉山椒です。

・ゴーヤは縦半分に切り、ワタを取り除き、5㎜ほどの幅にスライスします。

・フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、香りが立つまで炒めます。

・ゴーヤを入れて、充分火が通るまで炒めます。

・しじみの佃煮と酒を加え、馴染むように炒めます。

・好みで塩やしょうゆを加えて味を調え、最後に山椒を振りかけて出来上がりです。

ゴーヤはサラダにも使われるように、生でも食べられる食材ですから、炒め具合も好みに応じて調整するといいでしょう。

即席めんでしじみラーメン

多くのご家庭でストックされている即席めんにしじみを加えるだけで、一味違ったワンランク上のラーメンに生まれ変わります。
材料は、しじみ、即席めん(塩ラーメンまたは味噌ラーメン)、水、ねぎ、好みのトッピングです。

・しじみは茹でて、口が開いたら取り出し、汁は濾します。

・ラーメンは濾したしじみの汁に水を加えて茹でます。

・しじみの汁を加えていますので、スープは少なめに入れます。

・丼に移し、しじみや好みのトッピング、刻んだねぎをのせて出来上がりです。

シンプルな塩味はしじみの風味が生き、味噌味はしじみの成分と味噌の相乗効果が期待できますので、好みの味を選んでください。

しじみも他の食材と同じように、おいしく食べられるレシピは無限あります。
メインに使うもよし、調味料の一つとして使うもよし、自分なりのおいしい工夫をしてみましょう。
トップに戻る