しじみはニキビに効く

しじみには肝機能強化や新陳代謝促進などの効果があります。
その効果が、ニキビや肌荒れなどのお肌のトラブルを解消してくれます。
今回は、肝機能強化や新陳代謝促進がどのようにニキビ解消や美肌作りに作用するのかご説明します。

肝機能強化で肌のトラブル解消

しじみに含まれるオルニチンは、肝臓のオルニチンサイクルに働きかけて疲労物質アンモニアの分解、肝機能の正常な働きを助けます。
タウリンやメチオニン、グリコーゲンなども肝臓の解毒作用を促進、肝臓の再生、肝機能の向上に作用します。
その結果、毒素の無毒化とスムーズな排出を促し、体内への毒素の蓄積を解消しますので、体内に蓄積された毒素の悪影響として現れたニキビや肌荒れなどのお肌のトラブルを解消してくれます。

新陳代謝促進が美肌を作る

ターンオーバー改善で肌が生まれ変わる

肝機能が高まり、オルニチンが成長ホルモンの分泌を促進すると新陳代謝が活発になります。
お肌のターンオーバーも良くなりますので、古いダメージを受けた皮膚から新しい皮膚に生まれ変わります。

免疫力向上でニキビ解消

新陳代謝が良くなると身体の免疫力も高くなります。
雑菌などに対する抵抗力も高くなりますので、ニキビの解消にも効果があります。
お肌のバリア機能が高くなると、紫外線や乾燥などの外界からの刺激に対しても強くなりますので、シミやくすみなどの解消にも効果があります。

血流改善で肌の細胞を活性化

新陳代謝の効果は血流の改善にもあります。
血流が良くなると、赤血球が栄養や水分、酸素などを全身に運んでくれますので、お肌の細胞も活性化され、お肌をトラブルから守ってくれます。
しじみに含まれる鉄分やビタミンB12などの赤血球生成作用は美肌作りにも大きな役割を果たしています。

コラーゲン合成で潤い肌へ

しじみに含まれるアミノ酸には保湿成分コラーゲンの合成作用もあります。
コラーゲンの生成が促進されますので、お肌の潤いを保つことができ、お肌のトラブルの発生を防いでくれます。

しじみは肝機能を高め、身体の中から健康にすることで、ニキビや肌荒れなどのお肌のトラブル解消にも効果があります。
外からのお肌のお手入れも大切ですが、しじみを積極的に食べて身体の中から改善することは再発防止にもなります。
トップに戻る