しじみの様々な作用

しじみの様々な作用は、解毒作用による肝機能強化の働きによります。
肝機能が高くなることで、しじみに含まれるアミノ酸やビタミン、ミネラルなどの成分も生かされ、健康増進に作用しています。
今回は、解毒作用、肝機能強化の働きから、しじみの作用についてご説明します。

解毒作用・肝機能強化

オルニチン

しじみに含まれるオルニチンは肝臓内のオルニチンサイクルに働きかけ、疲労物質アンモニアの分解・排出を促進します。
アンモニアはタンパク質の代謝の過程や日々の活動の中で生まれますので、スムーズに分解されることが疲労回復や疲労防止に重要になります。
オルニチンは肝臓の代謝のエネルギーとなるミトコンドリアの酵素にも働きかけ、肝臓の働きを正常に保つように作用します。

タウリン

タウリンはアルコールや薬剤、アンモニアの解毒を促進します。
とくに、肝臓に負担の大きいアルコールの代謝途中物質アセトアルデヒドの分解を促進して肝臓の負担を軽減します。
また、アルコールが脂肪として肝臓内に蓄積されるのも防ぎます。
タウリンは胆汁の分泌を促進しますが、胆汁の原料となる胆汁酸はコレステロールを必要とします。
胆汁酸はタウリンと結合しやすい性質がありますので、タウリンの摂取は肝臓や血中のコレステロールを減少させ、肝臓や血管の健康を守ることになります。

メチオニン

メチオニンは利尿作用により肝臓内の毒素や老廃物を排出する働きがあります。
肝臓内や血中の脂肪は乳化して排出し、肝臓の機能低下や動脈硬化の発症リスクを抑えます。

新陳代謝促進で健康増進

肝臓は体内に取り込まれた栄養を代謝する重要な器官です。
解毒作用と肝機能強化で代謝能力が高まり、オルニチンなどのアミノ酸が成長ホルモンの分泌を促進すると新陳代謝が活発に行われるようになります。
しじみに含まれるアミノ酸やビタミン、ミネラルなどの栄養がその代謝を促進します。
免疫力強化、美肌効果、ダイエット効果、造血作用、血行促進、生活習慣病予防など、様々な効果は新陳代謝が促進されることにより身体機能が高まる中で生まれる効果です。

しじみには様々な健康増進作用があります。
しかし、それらの効果はしじみを摂って直ぐに得られるものではありません。
毎日継続的に摂取した結果として得られるものです。
生のしじみだけでななく様々なタイプのサプリもありますので、生活の中で摂りやすいものを利用してみてはいかがでしょうか。
トップに戻る