しじみの精神安定効果

しじみに肝臓機能の強化や貧血の予防・改善に効果があるということは広く知られていますが、精神を安定させる効果もあります。
しじみの精神安定効果は、どのような成分の働きによって生まれるのでしょうか。

オルニチン

しじみに含まれるオルニチンは必須アミノ酸の一種で、肝臓でオルニチンサイクルに働きかけ、疲労物質アンモニアを分解する働きをします。
アンモニアが尿素に変換され、尿と一緒に排出されることで疲労回復につながります。
オルチニンは成長ホルモン誘導体ですから、疲労が回復すると、新陳代謝が促進されホルモンの分泌も改善されますので、ストレス解消、睡眠の改善、神経の鎮静作用があり、精神的な安定効果があります。
オルニチンはしじみやだだちゃ豆に多く含まれており、しじみの味噌汁やだだちゃ豆茶として古くから親しまれています。

トリプトファン

しじみに含まれるトリプトファンも必須アミノ酸の一種で、肝臓や腎臓で分解されエネルギーに変換されるとともに、脳に運ばれたトリプトファンは、ビタミンB6やナイアシン、マグネシウムにより代謝されヒドロキシトリプトファンへ、そして、脳内神経伝達物質セロトニンに変化します。
セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑え、精神のバランスを調整する働きがあります。
脳内のトリプトファン濃度を高めることで、セロトニンの効果も高くなるといわれています。
精神を落ち着かせ、不眠やうつを解消する働きがあることから、アメリカでは、不眠の解消や精神安定効果のあるサプリメントとして市販されています。

トリプトファンの精神安定効果は女性にとって有効性が高いといわれています。
月経前のイライラや体調不良の改善、更年期障害の緩和などにも効果があります。
牛乳の中から発見された成分で、肉や魚、豆、種子類などのタンパク質の豊富な食品やバナナ、マンゴーなどの果物にも含まれていますので摂りやすい成分といえます。

しじみに含まれるオルニチンやトリプトファンが体調を改善しながら精神を安定させる効果があります。
いずれも睡眠の改善効果があり、精神も安定させます。
寝つきが悪いなどがあれば、ストレスや神経の高ぶりなどがあるかもしれません。
そんな時に、しじみを食事に摂り入れてみてはいかがでしょうか。
トップに戻る