しじみの成長過程

しじみを食べていても、その生態について知る人は多くはありません。
今回は、国産のしじみのうち広く知られているヤマトシジミの生態から、その成長過程を見ていきます。

産卵・受精

ヤマトシジミは、6月から9月にかけての夏の時期に産卵します。
1個の雌は1回の産卵で直径0.1㎜ほどの卵を数十万個産みます。
雌の出水管から勢いよく噴出された卵と雄の出水管から勢いよく噴出された精子が水中で出会い受精します。
受精した卵は、ある程度の塩分を必要とし、浮遊しながら分割・成長を始めます。

トロコフォア幼生期

受精後の胞胚期を経てトロコフォア幼生となります。
中央部が少し広がった楕円形となり、その中央部を二列の繊毛帯が取り巻きます。
その二列の繊毛帯の腹面側に口が、中央部あたりに消化管が、そして、折れ曲がった後面側に肛門ができます。
幼生期は水の中を浮遊していますので、水の流れで遠くに運ばれたり、あるいは、魚などの餌となり、数は減少していきます。

ベリジャー幼生期

次の段階がベリジャー幼生期です。
この幼生期は、二枚貝類、巻貝類、ツノガイ類に特徴的なものです。
頭部から面盤状に広がり、その周囲を長い繊毛の列が生じますが、まだ小さく、遊泳というよりも浮遊している状態です。
この時すでに中央で別れた二枚貝の殻も生じ、身体の後部を包んでいます。

着底

殻の蝶番が出来上がり、身を包むことができるようになると稚貝となり、水底に着底します。
受精から約1週間後です。
この時点では足は未発達のため、足糸腺から足糸を分泌して砂礫に絡めて着底します。
まだ砂粒ほどの大きさしかありませんが、成貝と同様の活動を始め、プランクトンなどを食餌しながら成長します。

成長期

しじみの成長は生息環境により違いますが、生後1年で約5㎜、生後2年で約10㎜、生後3年で約15㎜、生後4年で約18㎜ほどになります。
しじみが成長するのは4月から11月までで、水温が20~25度ほどの春や秋の成長は著しく、漁獲場ではないところでは40~50㎜ほどの大きさのしじみも見られます。
はっきりした寿命のデータもありませんが、種類や環境によって約7~8年、中には10年以上も生きるものもいるといわれています。

しじみは成長に時間のかかるものです。
その時間が豊富な栄養を蓄積しているのでしょう。
大切な命に感謝していただきたいものです。
トップに戻る