しじみの心の疲れ軽減効果

現代人の健康を害する大きな原因となっているのは肉体的な疲労とストレスです。
忙しさのあまり不規則な食事や生活習慣に陥り、心まで病んでしまいます。
そんな心の疲れもしじみが軽減してくれます。
どのように作用するのでしょうか。

オルニチンの心の疲れ軽減効果

しじみは、アンモニア解毒作用のあるオルチニンや肝臓の働きをサポートするメチオニン、解毒作用をアップするタウリン、肝臓を活性化するグリコーゲンなどの働きにより肝機能を高めます。
肝機能が改善されると、新陳代謝が良くなり身体全体の疲労回復にもつながります。
また、オルチニンには唾液中のコルチゾールの分泌を抑える働きがあります。
コルチゾールは、タンパク質、脂肪、炭水化物の代謝をコントロールするホルモンで、過剰なストレスなどにより発散され、血圧や血糖値を上昇させ、免疫機能の低下や不妊、精神疲労などを引き起こします。
オルチニンがコルチゾールの発散を抑えることで、心の疲れを軽減し、肉体疲労も改善します。

トリプトファンの心の疲れ軽減効果

しじみに含まれるトリプトファンは必須アミノ酸の一種で、活動のエネルギーに変換されるほか、脳にも運ばれ精神を安定させる働きをします。
脳内では、ビタミンB6やナイアシン、マグネシウムなどにより代謝され、ヒドロキシトリプトファンへ、そして、セロトニンへ変化します。
セロトニンは脳内神経伝達物質で、ノルアドレナリンやドーパミンの働きを抑制し、精神のバランスを調整します。
しじみなどトリプトファンを含む食材を摂取すると、セロトニンが増加し、精神の安定効果も高くなります。
精神が落ち着くことで、心の疲れも軽減され、不眠やうつを解消することができます。
トリプトファンは、医師の管理の下、催眠剤や鎮静剤としても使われる効果の高い医薬品でもあります。
しじみをはじめとする肉類や牛乳、チーズ、バナナ、大豆、アーモンドなどの身近な食品に含まれていますので、食事に取り入れると心ん疲れも癒されます。

しじみは肉体疲労にも精神疲労にも効果のある食材です。
心の疲れを軽減するためには普段の生活に取り入れることが大切です。
上手く食事に摂り入れ、生活習慣や食生活を見直すとさらに効果は高くなります。
ぜひ、お試しください。
トップに戻る