しじみの種類、ヤマトシジミとは

日本に生息するしじみには、ヤマトシジミ、セタシジミ、マシジミの3種類があります。
しかし、私たちの食卓に上るのは、ほとんどがヤマトシジミです。
しじみの漁獲高の99%以上がヤマトシジミだからです。
そのヤマトシジミとはどのようなものでしょうか。

生息域

ヤマトシジミは、北海道から九州に至るまでの各地、川の河口周辺の淡水と塩水の入り混じる汽水域の砂礫層や泥質層に生息します。
汽水域は環境変化が大きいため一般の生物の生息は難しい場所です。
しかし、河口付近は陸地から運ばれてきた栄養素が一時的にとどまるところで、比較的水深の浅い場所では、ヤマトシジミの餌となる植物プランクトンが太陽光を浴びて繁殖しやすい環境となっているため、しじみの最適な漁場となっています。
また、環境変化に対する高い適応力や耐性の強さが、汽水域での繁殖を圧倒的なものにしています。
有名な産地としては、北海道の天塩町網走湖、島根県宍道湖、青森県の十三湖・小川原湖などがあります。

形態

三角状の二枚貝で、成長すると3~3.5㎝ほどの大きさに成長します。
産地にもよりますが、1年で5㎜、2年で10㎜、3年で15㎜、4年で18㎜と殻頂を中心に大きくなり、寿命は約10年、その成長は殻上に輪状の成長線として刻まれます。
頭や軟体動物の特徴である歯舌はなく、足は砂礫や泥に潜りやすい斧型になっています。

しじみの色は、若いうちは茶褐色で、成長するにつれて黒くなるといわれていますが、実際は生息域の泥質の違いが色に現れています。
砂礫層に住むしじみは茶褐色ですが、泥質層に住むしじみは黒くなります。
泥質層には、硫黄や鉄を多く含み、これらが化合・酸化して硫化鉄を作り、貝の表面を覆うことで黒くなります。

繁殖

ヤマトシジミは雌雄異体で、雌は青黒くなり、雄は白いため、容易に見分けることができます。
雌は卵子を、雄は精子を出水管から放出することにより受精します。
産卵期の7~9月頃、雌は10万個以上の卵を放出します。
受精後は10日ほどの浮遊期を経て底生生活に入ります。
温かい4~11月頃は泥の表面で植物プランクトンを食べて成長し、寒い冬は泥の中に潜ってほとんど成長も見られなくなります。
これを繰り返して大きくなります。

ヤマトシジミは日本全国で獲れ、美容にも健康にも優れています。
旬の春から初夏にかけては身も太り、旨味も増します。
できるだけ多く食卓に上らせたい食材です。
トップに戻る