しじみの解毒作用

しじみにはオルニチンやタウリンなど解毒を促進する成分が含まれています。
アンモニアやアルコールなどをはじめ身体に悪影響を与える成分を分解・排出してくれます。
今回は、オルニチンやタウリンがどのように作用するのかご説明します。

オルニチン

しじみに含まれるオルニチンは肝臓内のオルニチンサイクルに働きかけ、疲労物質アンモニアの解毒作用を促進します。
体内にもオルニチンは存在し、オルニチンサイクルに作用していますが、しじみを摂取することでオルニチンが補給されますので、さらに作用を促進することになります。
また、肝臓の活動エネルギーを生み出すミトコンドリアの働きを助け、肝臓全体の働きを活発にする働きもありますので、解毒作用が促進されます。
肝臓の疲労回復は身体全体の疲労回復にもつながりますので、身体全体の機能も高まります。

タウリン

アルコールの解毒

アルコールを飲むと、体内でアセトアルデヒドに分解されます。
アセトアルデヒドは代謝の途中物質ですが、その分解過程は肝臓に大きな負担となります。
タウリンは酵素の働きを助け、分解を促進して肝臓への負担も軽減します。
また、タウリンはアルコールが脂肪として肝臓内に蓄積されるのを防ぎます。
タウリンを摂取すると、胆汁の生成のためにコレステロールを消費するため、脂肪の蓄積を防ぎ、肝臓の機能を維持することができます。

胆汁酸生成促進で解毒

タウリンは、胆汁酸の生成を促進することで、体内をきれいにするデトックス効果があります。
胆汁酸は体内のコレステロールを排出する働きがあり、コレステロール値の低下、コレステロール胆石の排除に効果があります。
そのため、動脈硬化などの生活習慣病の予防にも役立ちます。
また、胆汁酸は小腸の蠕動運動を活発化する働きがあります。
小腸の働きが活発になると、老廃物などの体内にとどまる時間が短くなりますので、腸内細菌の異常繁殖などを防ぎ腸内環境を整える効果があります。

しじみにはオルニチンやタウリンなどの成分が含まれ、解毒を促進する効果があります。
また、メチオニンやグリコーゲンなどの肝機能を高める効果のある成分も含まれていますので、いっそう解毒作用を高めています
トップに戻る