しじみの栄養素を効果的に取り入れるには

しじみの栄養を効果的に取り入れるには、しじみに含まれる成分を最大限に引き出し、タイミングよく摂取することが大切です。
そのためには、生のしじみだけではなく、しじみの成分を生かしたサプリメントの利用も欠かせません。
今回は、しじみの栄養素の効果的な取り入れ方についてご説明します。

しじみの成分を効果的に摂る方法

しじみの味噌汁ですべての栄養を吸収

しじみの味噌汁は、汁と身をすべて食べることで、しじみの栄養を余すところなく摂取できる方法です。
味噌にもコリンという肝機能強化や血流改善効果のある成分が含まれており、相乗効果があります。
脳の働きも助け、精神安定効果もあります。
合わせる具によって、さらに相乗効果が期待できます。

冷凍でオルニチン増量

生のしじみは歯ざわりがいいものですが、栄養面では-4度で冷凍保存したしじみはオルニチンの量が8倍以上に増加するというデータがあります。
食感よりも栄養を重視するのであれば、冷凍保存したしじみを使うのも良いでしょう。

サプリメントを利用する

サプリメントには、錠剤、カプセル、粉末、ドリンクなどのタイプがあり、手軽に最適のタイミングで摂取することができます。
相乗効果のある成分が配合されているものが多く、用途や好みに合わせて選ぶことができます。

目的に応じたタイミングで効果アップ

疲労回復

疲労回復のためには夕食後が最適です。
誘眠作用もありますので、睡眠の質を高めます。
睡眠中には、オルニチンが成長ホルモン分泌を活発にしますので、ダメージの修復・再生作用が高まり、疲労回復を促進します。

ダイエット

ダイエットには運動など、活動前に摂るといいでしょう。
運動中の脂肪燃焼力を高め、エネルギーの生成も盛んになりますので、活動できる時間も長くなります。
活動効果が高くなり筋力がアップすると、さらに燃焼効率は上がります。

運動効果アップ

運動効果を高めるには運動の前後で摂取します。
運動の約1時間前に摂取すると、エネルギーの生成作用が高まり、持久力が高くなります。
運動の後30分~1時間以内に摂取すると、身体のダメージの修復・再生が速やかに行われますので、疲労回復と筋力強化に効果があります。

二日酔い予防/h3> 二日酔いの予防にはお酒を飲む前に摂取します。
お酒を飲んでいる間にもアルコールの代謝を促進してくれますので、二日酔いや悪酔いを防ぐことができます。

美容効果アップ

美容のためには就寝の1時間ほど前が最適です。
寝ている間にオルニチンが成長ホルモンの分泌を活発にして、お肌のターンオーバーも活発に行われます。
お肌の細胞の生まれ変わりを促進しますので、潤いとハリのある美しい肌に生まれ変わります。

しじみの栄養を効果的に取り入れるためには、サプリなども利用して、タイミングよく毎日摂り続けることです。
毎日飲み続けるから、必要なときにも摂れば、効果が得られるものです。
毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。
トップに戻る