しじみの安眠効果

しじみはアミノ酸やビタミン、ミネラルをバランスよく含み、美容や健康に優れた食材です。
また、睡眠の改善にも大きな役割を果たしています。
あの小さなしじみが睡眠にどのように関わっているのでしょうか。

疲労回復が睡眠を改善

しじみに含まれるオルニチンをはじめとする成分が疲労物質アンモニアを無毒化するとともに、肝機能を改善し、肝機能を維持・向上させます。
肝機能が高まることで身体全体の機能もよくなり、全身疲労を回復させます。
肉体的な疲労が改善されると、精神的な疲労やストレスも軽減されるようになります。
オルニチンには疲労時に分泌の増える唾液中のコチゾールを抑える働きもありますので、疲れを感じにくくなります。
それらの結果として、精神面の鎮静化が得られ、睡眠の改善につながります。

精神を安定させて睡眠へ誘導

しじみにはトリプトファンという成分も含まれています。
トリプトファンは、脳内ではビタミンB6やナイアシン、マグネシウムなどとともに精神伝達物質セロトニンの原料となります。
セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンなどによる興奮状態を抑え、精神の安定や不安感の解消に効果があります。
また、脳の松果体ではメラトニンに変換されて体内時計の調整に関わり、睡眠サイクルを正常化する働きがあります。
それらの働きにより、睡眠のリズムを整え、睡眠を改善します。

身体の働きを調整して睡眠改善

しじみに含まれるビタミンやミネラルも睡眠の改善には重要な役割を果たしています。
ビタミンやミネラルは栄養素の代謝に関わるだけではなく、細胞や組織を構成したり、身体の調子を整える働きもあります。
しじみにはビタミンやミネラルがバランスよく含まれており、それぞれの成分が十分な役割を果たすことができます。
骨や歯の材料となるカルシウムは、不足すると骨粗鬆症やイライラの原因となり、充分足りていると、血液凝固やストレスを軽減する作用があります。
ビタミンB6やマグネシウムはセロトニンの材料となるだけではありません。
バランスよく含まれていることが、身体の調子を整え、良い睡眠がとれる体内環境を作ります。

しじみに含まれる成分やそのバランスの良さが疲労を回復し、体調を整え、安眠効果をもたらしてくれます。
睡眠は人間にとって大切なものです。
睡眠を妨げる寝る前の飲酒や喫煙、カフェイン、パソコンやスマホなどの悪い習慣も見直すと、睡眠の質の改善も期待できます。
トップに戻る