しじみに期待されるデトックス効果

しじみに含まれるオルニチンやタウリン、メチオニンなどの成分が肝機能を高めたり、成長ホルモンの分泌促進、新陳代謝促進などの作用とともにデトックス効果をもたらしています。
今回は、しじみのデトックス効果についてご説明します。

しじみに含まれるデトックス効果のある成分

オルニチン

オルニチンは、肝臓のオルニチンサイクルに働きかけ、生体活動で発生する疲労物質アンモニアを分解・無毒化し、肝臓の機能を正常に保つ働きをしています。

タウリン

タウリンは、アルコールや薬剤、アンモニアなどの無毒化を促進します。
とくに、アルコールの代謝過程で発生するアセトアルデヒドは肝臓に大きな負担をかける成分ですが、タウリンが分解酵素を活性化し、分解・排出を促進することで、肝臓への負担を軽減しています。
また、アルコールが脂肪となって肝臓に蓄積するのも防いでいます。

メチオニン

メチオニンは、脂肪を乳化し、肝臓への蓄積を防ぐ働きがあります。
また、ミネラルのセレンとともに作用し、水銀や鉛、カドミウムなどを体外へ排出し、脳神経細胞や中枢神経への重金属の蓄積も防いでいます。

しじみのデトックス作用

肝機能向上

しじみの肝機能強化の働きは代謝力を高め、体内の過剰な脂肪や毒素の無害化や排出を促進します。
肝機能が高まることで栄養素の代謝、エネルギーへの変換も効率的に行われるようになり、体内への毒素の蓄積を防ぎます。

成長ホルモン分泌促進

しじみにはオルニチンだけではなくアルギニンやトリプトファン、グリシン、チロシンなど成長ホルモンの分泌を促進する成分が含まれています。
成長ホルモンは身体の細胞の生成を促進しますので、各組織の働きを高め代謝を促進し、毒素の排出作用も高まります。

新陳代謝促進

肝機能向上・成長ホルモンの分泌促進により新陳代謝も活発になります。
栄養が身体中に行き渡り、細胞や組織の働きが良くなります。
腸内環境も改善され蠕動運動も活発になりますので、体内の毒素や老廃物の排出がスムーズに行われるようになります。

しじみの主な成分からデトックス効果を見ていきましたが、しじみに含まれるバランスの取れた栄養素すべての働きがデトックス効果を高めています。
運動を取り入れたり、生活習慣の見直しも行うと、さらに効果はアップが期待できます。
トップに戻る