しじみに含まれる亜鉛

しじみに含まれるミネラルで鉄分に次いで多いのが亜鉛です。
健康維持に欠かせない必須ミネラルですが、私たちの身体の中で、どのような働きをしているのでしょうか。

亜鉛とは

亜鉛は、体内で生成することができない必須ミネラルで、食事やサプリなどで摂取しなければなりません。
人体に存在する3000種類以上の酵素のうち、300種類以上の構成に関わる重要な成分で、生命維持に大切な様々な代謝を促進する働きがあります。

体内には約1.4~2.3gほどの亜鉛が存在していますが、不足しやすいミネラルであるため、毎日摂取する必要があります。その量は、男性が約10g、女性が約8gほどが推奨されています。

亜鉛は、小腸で吸収されますが、吸収率が約3割と低いため、不足しやすいのです。
とくに、アルコールを大量に摂取する人は、アルコールの分解に使われますので不足しやすくなります。

亜鉛の働き

細胞分裂促進

細胞分裂を促進し、成長を促進します。
とくに、細胞分裂の盛んな胎児や乳幼児、母体にも重要な成分です。
母乳に含まれる亜鉛は、ラクトアルブミンというタンパク質と結合し、吸収されやすくなっています。

新陳代謝促進

糖やタンパクなどの栄養素の代謝を促進し、活性酸素の発生を抑え、新陳代謝を高めます。
また、アルコールの代謝促進、疲労物質乳酸の代謝促進による疲労回復などの働きがあります。

皮膚や毛髪の健康維持

皮膚や骨などを構成するコラーゲンの生成に関わっており、ターンオーバーにも重要な役割を果たし、皮膚や毛髪にとってはハリや潤いを保つ重要な成分です。
不足すると、皮膚の乾燥や脱毛などの原因となります。

性機能維持

亜鉛は、男性では精子や前立腺に含まれ、精子の活発化に関わり、性腺の発育に重要な成分です。
女性にとっては、性ホルモンの分泌を促し、黄体形成ホルモンや卵胞刺激ホルモンの作用を高めます。

正常な味覚の維持

味覚を感知する舌の味蕾という器官の成長を促進し、定常な味覚を維持します。

免疫力向上

亜鉛には免疫細胞を活性化するための情報伝達物質としての働きがあります。
亜鉛が充分摂取されることによって、免疫力は高まります。

しじみに含まれる亜鉛の量

しじみに含まれる亜鉛の量は、100gあたり約2.3gです。
人の1日に必要とされる量には及びません。
普段の食事やサプリなどを利用して摂取する必要があります。
牡蠣やレバー、牛肉、カニ、オートミール、抹茶、ココアなど亜鉛を含んだ食材はたくさんあります。
上手に組み合わせ食を楽しみながら、亜鉛を摂取してください。

しじみに含まれる亜鉛は生命維持に欠かせない成分です。
吸収率が悪いため、たくさん食べなければなりませんが、少食の方はサプリを利用するといいでしょう。
ただし、ミネラルは、バランスよく摂らないと他のミネラルの吸収を阻害しますので、用量を守って使用してください。
トップに戻る