しじみに含まれるメチオニン

肝機能を高めてくれるしじみには、そのための成分がたくさん含まれています。
メチオニンもその一つです。
今回は、メチオニンの作用や効果について見ていきます。

しじみに含まれるメチオニンとは

メチオニンは、硫黄を含んだ必須アミノ酸です。
肉類や魚介類、大豆製品、ナッツ類、全粒小麦、ホウレンソウ等の野菜類など、日頃口にする食品に含まれていますので、食事を通して摂取することができます。
化学物質による中毒症状の治療薬としても使われ、静脈注射の液剤として用いられています。

メチオニンの効果

肝機能向上

メチオニンは、肝臓内の老廃物や毒素を排出することにより肝機能を高めます。
肝臓の代謝機能が良くなると、血中のコレステロールの燃焼を促進し、脂肪の蓄積も防ぎます。
また、脂肪の乳化作用もありますので、アルコールや脂肪の過剰摂取による脂肪肝の予防にも効果があります。

アレルギー症状緩和

メチオニンには、外部からの刺激による肥満細胞の神経伝達物質ヒスタミン放出を抑制する作用がありますので、アレルギー症状を抑える効果があります。

うつ症状改善

メチオニンは、精神を安定させる作用のある脳内神経伝達物質セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンなどの材料となり、うつ病改善にも有効です。
脳を活性化し、記憶力の向上や認知機能の改善も期待されています。

老化防止

メチオニンは、抗酸化ミネラルセレンの運搬にも関わっており、抗酸化力を高めます。
また、アミノ酸アルギニンやグリシンとともにエネルギー源クレアチンを合成する材料となり、加齢による体力低下の原因となるクレアチンを生成するため、老化防止にも効果があります。

毛髪の健康維持

毛髪を構成するタンパク質ケラチンに含まれるメチオニンの割合は1%程度ですが、切れ毛や枝毛を起こす列毛症を予防し、毛髪の健康を維持する働きがあります。
薄毛や男性型脱毛症対策の重要な栄養素です。

メチオニンの過不足による影響

メチオニンは通常の食事で摂ることができますが、アルコールの過剰摂取などで大量に費消されると不足することがあります。
肝機能の低下、動脈硬化、抜け毛、老廃物の蓄積によるむくみなど様々な症状が現れます。
アルコールの摂取量には注意が必要です。

多量摂取には嘔吐、めまい、低血圧、興奮などの副作用がありますが、薬剤としての使用がある場合です。
他の食品やサプリなどとの関連性もありますので、必ず医師と相談してください。

しじみに含まれるメチオニンはたくさんの作用を持つ栄養素です。
聴覚器官にも作用し、難聴の改善にも効果があるといわれています。
普段の食事で十分摂取できますので、アルコールの量だけには注意しましょう。
トップに戻る