しじみに含まれるビタミンE

しじみにはビタミンB群が多く含まれていますが、ビタミンEも少なくありません。
「若返りのビタミン」と呼ばれ、多くの化粧品にも配合されています。
美容や健康にどのような効果があるのか見てみましょう。

ビタミンEとは

ビタミンEは脂溶性のビタミンで、強い抗酸化力を持っています。
活性酸素の発生を抑制しますので、老化防止に効果があります。
食用油や種子類、ウナギ、いくら、たらこ、カボチャなどに多く含まれ、脂溶性のビタミンのため、水洗いで溶けだすことはありません。
油と一緒に調理すると、油に溶けだしても壊れるということはなく、吸収力が高くなります。
体内では細胞膜内にあり、肝臓や脂肪、心臓、筋肉、血液、副腎、子宮などに蓄えられています。

ビタミンEの効果

生活習慣病の予防・改善

ビタミンEは強い抗酸化力で活性酸素の発生を抑え、細胞の酸化を防ぎます。
血管内の脂質や悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、血管を健康に保ちますので、動脈硬化や高血圧、心筋梗塞などの生活習慣病の予防や改善に効果があります。

血行障害の予防・改善

ビタミンEは、末梢毛細血管拡張作用があり、血流の改善効果があります。
また、過酸化脂質の分解作用もありますので、血液がサラサラになります。
その結果、女性に多い冷え性はじめ、肩こり、腰痛、頭痛、しもやけ、痔などの末梢血管の血流障害が原因となる症状が改善されます。

美肌効果

ビタミンEの強い抗酸化作用は新陳代謝を促進しますのでターンオーバーもよくなり、肌にハリと潤いを取り戻します。
肌の細胞が元気になると、シミやシワ、そばかすなどの紫外線の外から肌を守るバリア機能も高くなります。

ホルモンバランスの調整

新陳代謝が促進されると、ホルモンバランスの調整機能も高くなります。
月経前のイライラや生理不順、閉経期に起こる肩こり、めまい、冷え、のぼせ、息切れなどの更年期症状を抑えてくれます。

ビタミンEの過不足の影響

ビタミンEは脂溶性のため体内に蓄積されますが、通常の食事で過剰摂取となることはほとんどなく、過剰摂取による影響もほとんどありません。
まれに、軽度の肝機能障害、下痢、吐き気、筋力低下などの症状が出ることもあります。

また、不足することもまれなことです。
他に病気があったり、投薬の影響でビタミンE濃度が低下することがあります。
赤血球が酸化し壊れ、溶結性貧血を起こします。
抗酸化力が低下することで、細胞の老化が進み、肌のトラブルや性格習慣病のリスクが高くなります。

しじみに含まれるビタミンEは美容と健康に欠かせない成分です。
ナッツや油、カボチャなど身近な食材に含まれています。
加熱しても壊れませんので、摂りやすいものです。
時には油を気にすることなく食べることも必要です。
トップに戻る