しじみに含まれるビタミンB2

しじみにはオルニチンだけではなく、ビタミンB群やミネラルなどの栄養成分も豊富に含まれています。
今回は、肌や粘膜の保護、生活習慣病の予防にも良いというビタミンB2について見てみましょう。

ビタミンB2とは

ビタミンB2は、リボフラビンとも呼ばれる水溶性の生理活性ビタミンです。
タンパク質や脂肪、炭水化物の三大栄養素の代謝を促進し、身体に必要なエネルギーを作り出したり、皮膚や粘膜の健康維持に効果があります。
体内でも腸内細菌によって生成されますが、わずかな量しかありませんので、食事から摂取する必要があります。
水溶性ビタミンのため、酸やアルカリ、熱などに弱いという性質があり、水や煮汁に溶けだすため、洗いすぎず、調理したら煮汁ごと利用します。
また、身体に貯蔵することができませんので、毎日摂取する必要があります。

ビタミンB2の効果

成長促進

「発育のビタミン」といわれるように、三大栄養素の代謝を促進し、赤血球の生成、抗体の生産、皮膚や頭髪、爪など、身体全体の細胞や組織の健全な成長・維持に不可欠な成分です。

ダイエット

ビタミンB2は、三大栄養素の代謝を促進しますが、脂質の代謝では、エネルギーに変換するだけではなく、脂肪が身体に蓄積されるのを防ぐ効果があります。
ダイエット中は積極的に摂るべき成分です。

美肌

ビタミンB2が「美容のビタミン」といわれるのは、細胞を再生し、皮膚や毛髪の健全な発育を促す効果があるためです。
皮膚の細胞が新しい細部に生まれ変わることで、潤いのあるみずみずしい肌を維持することができます。

生活習慣病予防

ビタミンB2には、過酸化脂質の分解を促進する働きがありますので、動脈硬化の予防に効果があります。
また、糖質の代謝を促進することから血糖値を下げる働きがありますので、糖尿病の予防や改善にも有効です。

ビタミンB2の過不足の影響

ビタミンB2は水溶性のビタミンのため、尿とともに排出されますので、過剰になることはほとんどありません。
過剰になったとしても、一時的に神経過敏症状が現れ、かゆみやしびれ、光をまぶしく感じる程度です。
不足すると、口内炎や舌炎、皮膚炎、てんかん発作、湿疹、脂漏症、目の充血やかゆみ、筋力低下、抑うつなど様々な身体的・精神的症状が現れます。
しじみにはビタミンB2を含むビタミン類が豊富に含まれて、美容や健康に効果があります。
旬の時期には積極的に取り入れたい食材です。
トップに戻る