しじみに含まれるタウリン

しじみに含まれるタウリンはアルコールの代謝を促進し二日酔いを改善して肝機能を高める効果のほか、生活習慣病予防や視機能改善など多くの作用があります。
今回は、そのタウリンの健康効果についてご説明します。

肝機能向上効果

タウリンは含硫アミノ酸の一種で、体内のほとんどの組織に存在しています。
肝臓では胆汁の分泌促進や肝細胞の再生、毒素の分解、細胞膜の安定化などの働きがあります。
毒素の分解は、アルコールや薬剤、食品添加物などの化学物質、アンモニアなどを分解して無毒化します。
とくに、アルコールの代謝過程で発生するアセトアルデヒドの分解は肝臓に大きな負担をかけますが、タウリンが分解酵素の働きを助けることで無害な酢酸へと変化しますので、肝臓のへの負担を軽減し、再生作用が肝機能を高めます。

コレステロール減少作用

アルコールのもう一つの悪い影響は肝臓に脂肪として蓄積することですが、タウリンは胆汁の分泌を促進し、コレステロールを減少させることで、これを防いでくれます。
胆汁は主要成分の胆汁酸を生成するためにコレステロールが必要です。
タウリンには胆汁酸と結合する性質がありますので、タウリンを摂取すると必然的にコレステロールも吸収されるため、血中のコレステロールも減少することになります。

生活習慣病予防効果

タウリンのコレステロール減少効果は、血管の弾力性の維持や老廃物などの血管への蓄積を防ぎ、生活習慣病の予防にも役立っています。
また、生体の正常な働きを維持するホメオスタシスも交感神経の正常な働きを助け、腎臓の過剰な塩分の排出を促しますので、高血圧を抑制する効果があります。
さらに、血糖値を調整するインスリンの分泌を促進する働きもありますので、糖尿病予防にも効果があります。

視機能改善効果

目の網膜内に存在するタウリンは、目の新陳代謝を促進します。
網膜の神経を正常に保ち、外部からの刺激に対する過剰な反応を抑制して網膜を守る働きや、角膜の修復をサポートしています。

筋肉の収縮力改善効果

体内のタウリンの50~80%は筋肉に存在し、タウリンを摂取することで筋肉の修復力維持することができます。
筋力の低下は水分の流れを悪くし、むくみとなって現れます。
タウリンを摂取は筋力を維持しますので、むくみを解消してくれます。
また、腸内の蠕動運動も高めてくれますので、便秘にも効果があるといわれます。

しじみに含まれるタウリンは健康維持に欠かせない成分です。
体内でも生成されますが、加齢とともに生成能力も低下しますので、食事やサプリなどから補うことも必要です。
できるだけ多く摂ることと、タウリンの効果を高めるための運動も加えてみてはいかがでしょうか。
トップに戻る