しじみに含まれるカルシウム

しじみは貝類の中でもトップクラスのカルシウム含有量があります。
骨や歯の健康に欠かせない、また、妊娠中の方や子供の成長に欠かせなえい栄養素です。
毎日過不足なく摂ることが大切だといわれています。

カルシウム

カルシウムは歯や骨を形成する必須ミネラルで、体内にも体重の1~2%ほど存在しています。
そのうち99%は歯や骨に、残り1%ほどが筋肉や細胞、体液などに使われています。
日本人に最も不足しているミネラルがカルシウムで、成人男性の1日の推奨摂取量は約650~800㎎、女性は約650㎎といわれていますが、実際の摂取量は500㎎にも満たない程度で、大幅に不足しています。

カルシウムの働き

カルシウムは、成長や生命維持に関わるたくさんの働きがあります。

・歯や骨を形成し、成長を促進する
・脳や心臓の働きを調整し、生命維持に寄与する
・血液などの体液をアルカリ性に保ち、免疫力を高める
・神経の伝達や筋肉の収縮を安定に保ち、精神を安定させる
・血液凝固を促進する止血作用
・ホルモンの分泌促進
・細胞分裂の促進
・胃液の分泌調整
・鉄の代謝の補助

カルシウムが不足すると

カルシウムが不足すると、健康や命に係わる重大な影響があります。

・成長不良
・歯や骨が脆くなる
・不足した分は骨に貯蔵されたカルシウムが使われ、不足が常態化すると、骨の分解が進み、骨粗しょう症などの可能性が高くなります。
過度のダイエットや妊娠時のカルシウム不足のため、女性に多く見られます。

・神経過敏
・脳梗塞、心筋梗塞、高血圧、動脈硬化、尿路結石糖尿病、アルツハイマー病、変形性関節症などの疾患のリスク

カルシウムを摂りすぎると

カルシウムは吸収率が低いため過剰になることは稀ですが、摂りすぎると体調不良の原因となります。

・高カルシウム血症
血中のカルシウム濃度が高くなりすぎ、様々な症状が現れます。
便秘、下痢、口内の渇き、頻尿、食欲低下、嘔吐など
進行すると、骨痛、筋肉痛、不整脈、気分の大きな変動などが起こります。

しじみに含まれるカルシウム

しじみのみに含まれるカルシウムの量は100gあたり130㎎と、貝類の中では多く含まれています。
干しエビ7100㎎、煮干し2200㎎などカルシウム量の多い食品はありますが、それらを大量に食べることはできません。
また、カルシウムの吸収率も、普通の食事で20~30%程度、吸収率の高い牛乳で約40%、小魚が約30%、野菜が約20%と、高くはありません。
そのため、吸収を助ける働きのある食材と組み合わせて、吸収率を高める必要があります。

カルシウムの吸収を高める成分

・レモンやリンゴに含まれるクエン酸
・鶏のささみや大豆製品などのタンパク質
・ビタミンD
・マグネシウム

しじみはカルシウムを豊富に含んだ食材ですが、吸収率を高めてくれる食材と組み合わせたバランスの取れた食事にする必要があります。
とくに、妊娠中は赤ちゃんの分までしっかり摂りましょう。
トップに戻る