しじみに含まれるオルニチンの量

しじみのオルニチン含有量は食品の中でも最も多いといわれます。
どれだけのオルニチンを含んでいるのでしょうか。
また、それは、私たちの身体に必要なオルニチンの量を満たしているのでしょうか。

食品に含まれるオルニチンの量

食品名オルニチン量食品100gの目安量
(100gあたり)
しじみ10.7~15.3mg約35個
ひらめ 0.6~ 4.2mg約1切れ
キハダマグロ 1.9~ 7.2mgさしみ7~10切れ
チーズ 0.8~ 8.5mgスライスチーズ約5枚
エノキタケ14.0mg約1.2袋

しじみやエノキタケには他の食品に比べ多くのオルニチンが含まれています。
食品100gの目安量からすると、1回程度であれば食べられる程度の量です。
また、しじみは冷凍することでオルニチンの量が約8倍ほどに増えますので、約100mgの摂取が可能となります。
しかし、オルニチンの1日の摂取目安量は500~1000mgと考えられていますので、その量にははるかに及びません。
同じ食材をたくさん食べることもできませんので、飽きが来ないように食材を組み合わせて、できるだけ多くとるようにしましょう。

継続的に摂取することが大切

オルニチンの効果を得るためには、継続的に取り入れることが大切です。
量的には少なくても、オルニチンを絶え間なく補給することで、オルニチンの効果は持続することができます。
また、それが積み重なり、徐々に相乗効果も生まれ効果はアップします。

オルニチンサプリを利用する

健康のために充分なオルニチンを摂りたいという方は、オルニチンサプリを利用すると良いでしょう。
オルニチンは遊離アミノ酸で、特定のタンパク質を構成するものではありませんので副作用のない安全なものです。
ただし、必要以上に摂取しても効果は上がりませんので、用法用量を守って摂取しましょう。

しじみは食品の中でも最も多くオルニチンを含んでいます。
それでも1日の摂取目安量には遠く及びません。
オルニチンの効果をアップさせるために生活習慣を見直すことも有効です。
過度の飲酒や喫煙、過労、不眠など肝臓に負担をかける生活習慣を改善することも必要です。
トップに戻る