しじみにDHAは含まれている?

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、鯵や鰯、秋刀魚、鯖などの青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸で、しじみにも含まれています。
2015年度の厚労省日本食品標準成分表によると生のしじみが53mg/100g、しじみの水煮で140mg/100gのDHAが含まれています。
DHAは脳や脳神経の機能向上に効果がありますが、私たちの健康にはどのような効果があるのでしょうか。

学習能力向上

DHAは脳の栄養素とも呼ばれ、脳を活性化や神経伝達物質の量を増やす働きがあります。
また、神経細胞の成長促進や機能維持の役割も果たし、記憶力や判断力、集中力がアップするなど学習能力向上に効果があります。

血流改善

DHAには血管壁や赤血球の細胞膜を軟らかくする働きがあり、血流を改善し流れをスムーズにしてくれます。
柔軟な血管は、血流が増加しても血圧の上昇を抑える効果があります。
また、中性脂肪を減らして善玉コレステロールを増やす働きがあり、血管壁への脂質や老廃物の蓄積を防ぎますので血流がよくなり、動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞など生活習慣病の予防に効果があります。

視力改善

目の網膜に含まれる脂肪酸の約40%をDHAが占めています。
そのため、DHAの摂取は網膜の健康をサポートし、近視の改善、集中力向上、動体視力向上などに効果があります。

アレルギー予防

DHAは体内の代謝の過程に関与するシクロオキシゲナーゼという酵素の炎症作用を抑え、アレルギー予防に効果があります。
アトピー性皮膚炎や花粉症、喘息などのアレルギー症状、そして関節炎にも有効で、症状の緩和に効果があります。

精神安定作用

DHAには精神を安定させる効果があります。
DHAを摂取することにより攻撃性の低下、精神面の安定維持に効果があるという研究報告があります。
高齢化によるうつや産後うつなどのうつ症状に対するDHAの改善効果の研究もされています。

しじみに含まれるDHAの量は多くはありませんが、優れた健康効果があります。
しじみには栄養成分もバランスよく含まれていますので、普段の食生活に取り入れてはいかがでしょうか。
トップに戻る