しじみと遊離アミノ酸

しじみにはオルニチンとシトルリンという遊離アミノ酸が含まれています。
肝機能の向上や新陳代謝にかかわり、美容や健康にさまざまな効果をもたらしてくれます。
今回は、オルニチンとシトルリンの作用と効果についてご説明します。

遊離アミノ酸とは

私たちの身体の筋肉や内臓などを構成するタンパク質はアミノ酸が結合して作られています。
身体を構成するアミノ酸の量は体重の約20%を占め、そのうち1%ほどが遊離アミノ酸といわれます。
遊離アミノ酸は特定のタンパク質を構成することなく細胞や血液の中に存在し、必要なときに作用します。
体内でアミノ酸が不足すると血中のアミノ酸を取り入れてタンパク質を構成し、過剰になると血中に放出され、全身を循環します。
血液が遊離アミノ酸の貯蔵庫の役割を果たしています。
しじみに含まれるオルニチンやシトルリンも遊離アミノ酸です。

オルニチンの働き

オルニチンは肝臓のオルニチンサイクルに働きかけ、疲労物質アンモニアの分解・排出を促進し、肝臓のエネルギー源となるミトコンドリアをサポートして肝臓の機能を正常に保つ働きをします。
また、脳下垂体を刺激して成長ホルモンの分泌を促進する働きもあり、新陳代謝を高める効果があります。
肝機能強化と新陳代謝の促進は、免疫力を高め病気になりにくい健康な身体作りに役立ちます。
オルニチンの効果としては、疲労回復、筋力強化、睡眠改善、精神安定、肥満予防、美肌効果、アンチエイジングなどがあります。

シトルリンの働き

シトルリンは血管を拡張して血流を改善する働きがあります。
肝臓内では、アンモニアの分解・排出に作用しますが、とくに、血流を良くしますので、排出がスムーズに行われるようになり、疲労回復を早める効果があります。
また、シトルリンは角質層や角質細胞にある保湿因子を構成する成分となり、肌の潤いと張りを保ち、美肌効果があります。
肌のターンオーバーが促進されるのもシトルリンの新陳代謝促進作用によるものとも言われます。
血管拡張・血流改善作用は他にも多くの効果があります。

・むくみ解消:余分な水分や老廃物が排出されやすくなるため
・冷え性改善:抹消血管の血流が改善されるため
・筋肉増強:成長ホルモン分泌促進作用と血流改善作用の相乗効果
・脳機能向上:脳の血流改善により脳が活性化され、精神安定、集中力向上、記憶力向上が期待できる

しじみに含まれる遊離アミノ酸は、体内を循環しながら健康維持・向上のための重要な働きをしています。
美容と健康増進のために、できるだけ多く遊離アミノ酸を含んだ食品を摂るようにしましょう。
トップに戻る