しじみと日本の歴史

「二日酔いに効く」として古くから日本人に馴染み深いしじみですが、いつごろから食べられていたのでしょうか。
しじみと日本人の歴史を見てみましょう。

縄文時代

人が貝殻を捨てた場所である貝塚からすると、約6000~7000年前の縄文時代から食べられていました。
北海道から九州まで約3000の貝塚があり、そのうち約1500以上は縄文時代のものといわれます。
沿岸地域はもちろんのこと、湖沼地域や河川流域にも貝塚は広がっています。
川に生息するマシジミは、山間地域では貴重なタンパク源となっていました。
貝塚は海から離れたものも多いことから、植物採集や狩猟が中心で、魚介は必ずしも食生活の中心ではありませんでした。

奈良時代

奈良時代の万葉集の中に「住吉の粉浜の四時美開けも見ず隠りてのみや恋ひわたりなむ」という和歌があります。
四時は四季という意味です。
どれほど食べられていたかはわかりませんが、しじみを四時美と表現することで四季を通じて食べられていたことがわかります。

江戸時代

江戸時代には、深川方面からしじみ売りが市中を歩いていました。
ハマグリやアサリなどよりも安いしじみが庶民に親しまれていました。
「土用しじみ」「寒しじみ」という言葉が生まれたのもこの時代です。
冬においしいのがマシジミ、土用においしいのがヤマトシジミとも言われますが、出所ははっきりしません。
しかし、庶民に親しまれ、「しじみ売り 黄色なつらへ高く売り」という川柳があるように、黄疸が出ている病人にしじみが効果があるという、しじみの効能についても知られていました。

現代

しじみは親しみのある食材として、昭和40~50年頃の最盛期には年間55000トン以上の漁獲量があり、昭和40年には価格も1kgあたり約10円という正に庶民の食材でした。
しかし、農薬や化学肥料、水質汚染や環境汚染、干拓、河口堰、コンクリートによる護岸工事など、しじみの生息域を奪い、淡水に生息するマシジミは目にすることは難しくなっており、ヤマトシジミも漁獲量を大きく減らしています。
平成20年には漁獲量は約1万トンとなり、価格は1kgあたり約680円にまで高騰しています。
最近では、しじみやアサリの浄水能力に注目が集まり、水質浄化と貝の増殖の研究がされています。
この研究が実を結び、しじみが再び庶民の食卓をにぎわすことに期待しましょう。

しじみは昔から庶民に身近な食材で、早くから効能についても知られていました。
漁獲量が少なくなっていますが、ネット通販などを利用するといつでも全国各地のしじみを手に入れることができます。
健康のために利用するのも良いでしょう。
トップに戻る