しじみと二日酔い対策の関係

昔から「しじみの味噌汁は二日酔いに効く」といわれています。
しじみの成分には、お酒を飲みすぎた翌朝の不快感を解消し、肝機能を正常に戻す作用があります。
今回は、しじみに含まれる成分がどのように二日酔いの解消に働くのかご説明します。

二日酔いとは

二日酔いは、お酒を飲みすぎた翌朝に起こる頭痛や胸焼け、嘔吐感などの不快な症状を言います。
大量のアルコール摂取により生じた途中代謝物アセトアルデヒドの処理の遅れ、アルコールによる胃腸障害、脱水などが重なって起こります。
アセトアルデヒドが大量に発生すると、肝臓の活動エネルギーを生み出すミトコンドリアTCA回路の活性も低下し、肝臓の機能が悪くなることも大きな要因です。

しじみの二日酔い予防・改善作用

オルニチン

しじみの成分オルニチンはオルニチン回路に働きかけアンモニアなどの毒素の無害化・排出を促進するとともに、かんぞのエネルギー源となるミトコンドリアに働きかけ、肝臓を正常に保つ作用があります。

メチオニン

メチオニンは利尿作用を促進し、肝臓に入ってきた毒素や老廃物の排除や血中コレステロールを調整する働きがあります。
代謝が促進されますので、血中のコレステロールが燃焼され、肝臓に脂肪が蓄積するのを防いでくれます。

タウリン

タウリンは、アルコールや薬剤、アンモニアなどを分解・無毒化する働きがあります。
二日酔いの原因物質アセトアルデヒドも分解酵素の働きを助け、肝臓への負担を軽減します。
タウリンを摂取すると、胆汁の生成を促進し、その原料となるコレステロールを消費しますので、脂肪の肝臓への蓄積を防ぎます。

グリコーゲン

グリコーゲンはブドウ糖が多数つながった多糖類で、肝臓のエネルギー源となります。
食事からの栄養の摂取がない場合に、肝臓に蓄積されたグリコーゲンが肝臓のエネルギー源となり、肝臓を活性化させます。
しじみに含まれる成分が肝臓の機能を高め、アルコールの分解・排出を促進します。
また、肝臓の疲労が軽減すると全身的な疲労も軽減され、二日酔いが治ります。
しじみの味噌汁が二日酔いに効くのは、味噌との相乗効果もありますが、しじみの成分が汁に溶け出していますので、吸収しやすく、即効性が高くなるということです。
身にも半分以上の成分が残っていますので、最後のひとつまでしっかり食べましょう。
トップに戻る